【サイクリストの悩み】ロードバイクのお尻の痛み、どうやったら解消できる?

Greenfield

【サイクリストの悩み】ロードバイクのお尻の痛み、どうやったら解消できる?

ロードバイクは楽しい乗り物ですが、サイクリストの多くが悩むのが、お尻の痛み。ロードバイクは、普通の自転車よりもサドルが細い上に高く設定されています。そのため、ペダルを漕いでいるときにお尻を圧迫してしまい、長時間乗っているとお尻に痛みが生じてしまいます。おそらく乗り初めの方が、最初に悩むことでしょう。今回は、そんなロードバイクに乗ったときに生じるお尻の痛みを解消する方法をまとめていきます。

基本はサイクルパンツで痛みを防ぎましょう

 

ロードバイクに乗る人のために、専用のサイクルパンツというものが発売されています。

このサイクルパンツには、お尻の部分にパットのようなものが入っており、ロードバイクに乗ったときに圧迫されるお尻の痛みを和らげてくれます。

おそらくロードバイクを購入したての人は、普通のジャージなどで走ることが多く、そのためお尻が痛くなってしまいます。

ロードバイクに乗る上では、サイクルパンツは必ず履いていたほうがいいものですので、購入をおすすめします。

 

 

ポジションを見直してみる

 

ロードバイクは見た目的にも、サドルが高い方がかっこよく見える乗り物です。

ついついかっこよさを重視して、サドルが自分の体に合わない高い位置に設定されていると、乗車時によりお尻を傷めてしまいます。

また、ハンドルの位置が低い場合も同様に、乗ったときにより過度な前傾姿勢となるので、下腹部を圧迫してしまいます。

サイクルパンツをはいているのに、お尻が痛いという人は、ロードバイクのポジションを見直してみるといいかもしれません。

基本的なポジション調整は、ショップなどで専門スタッフにやってもらうこともできますし、自分の手でやるのであれば、サドルとハンドルの高低差をなくす、ペダルが下死点に来た時に、膝が軽く曲がるぐらいの位置で調節するといいでしょう。

ロードバイクに乗っていると、ついついかっこよさや、空気抵抗を意識して、サドル高め、ハンドル低めのお尻に負荷がかかるポジションにしてしまいたくなりますが、お尻が痛くなることを考えると、自分の体格に合ったポジションにしたほうがいいでしょう。

 

 

上手なペダリングを練習する

 

 

ロードバイクのペダリングもお尻の痛みに影響を及ぼします。

ペダルを一踏みするたびに、お尻が圧迫されたり、股とサドルが擦れます。

それが長時間のライディングで蓄積された結果、お尻の痛みに繋がっていきます。

そのためペダリングを上手にすることで、お尻の痛みを軽減することができます。

ポイントは、重心と円運動です。

ロードバイクに乗っているときに、お尻ばかりに重心がかかっている人は多いのではないでしょうか。

お尻ばかりに重心がかかっていると、当たり前ですが、よりお尻を圧迫してしまいます。

ロードバイクでは、お尻とハンドルを持った腕、ペダルに乗った足で、体重を3等分する形で支えるのが理想といわれています。

お尻ばかりに重心がかかっている人は、そうした点を見直してみてください。

次に、ペダリングについてです。

ペダリングの回転が速くなったときに、お尻が上下に跳ねる人は、ペダルが綺麗な円運動をしていないということです。

この場合、ペダルを踏むたびに、お尻が圧迫され、サドルとの摩擦も増大します。

お尻の痛みを軽減したいなら、キレイな円運動を意識したペダリングをしてみるといいでしょう。

 

 

それでもダメならクリームを使おう

 

サイクルパンツ、ポジション調整、ペダリングの改善でもお尻の痛みが耐えられないなら、肌に塗るクリームを使うのも効果的です。

クリームをお尻や股に塗ることで、滑りが良くなるので、ウェアやサドルとの摩擦による痛みを軽減してくれます。

お尻の痛みに悩んでいる人は、最終手段として検討してみてください。

ここでは、おすすめのクリームも併せて紹介します。

 

①MORGAN BLUE(モーガンブルー)

サイクリストのために開発された股ずれなどを防止するクリームです。

ライド前にサドルと接触する部分やパンツの内側に塗り込むことで、ライド中のお尻の痛みを軽減できます。

クリームとはいってもそこまでべたべたしないので、走行中も快適です。

 

 

②ASSOS(アソス) シャーミー

サイクリングの快適性を向上させてくれる保湿クリームです。

パンツの選択後にパッド部分に薄くクリームを塗っておくと、パッドの柔軟性や伸縮性、抗菌性を維持することもできます。

もちろんライド前にお尻に塗ることで、痛みや股ずれを防ぐこともできます。

 

 

 

まとめ

ロードバイクに乗る上で、お尻の痛みは慣れるものだという認識もあります。確かにある程度は慣れていく部分もあるのですが、どうしても我慢できないという人もいるでしょう。このお尻の痛みはロードバイクを続けるかどうかにも影響を及ぼす重要な問題です。サイクリストでお尻の痛みに悩んでいる人がいれば、こちらを参考にしてみてください。

公式アカウント

関連記事