サイクリングにアイウェアが必要な理由&おすすめアイウェアブランド3選

Greenfield

サイクリングにアイウェアが必要な理由&おすすめアイウェアブランド3選

サイクリングをやっていると、走行中目にゴミが入ったり、風や太陽光で目が痛くなってしまうことってありますよね。また、走行中の視界をクリアに保つことは、安全性にもかかわります。そのため、サイクリングにおいて、アイウェアは重要なアイテムです。今回はサイクリング中の目を守るアイウェアについてまとめていきます。

サイクリングでアイウェアが必要な理由

 

サイクリングでアイウェアが必要な理由としては、主に2つあります。

1つは目の保護、2つ目は視界の確保です。

ここでは、これらの2つの理由について、詳しく解説します。

 

①目の保護

サイクリングをしていると、太陽からの紫外線や、目に入ってくるゴミや埃、風を受けることによる乾燥などのリスクがあります。

アイウェアを装着せずに、サイクリングをしていると、終わった後に目が疲れていることがあるかと思います。

アイウェアを使用する理由には、こういったことから目を保護するためです。

 

②視界の確保

サイクリングにおいて、視界の確保は安全性に大きく関わる重要な要素です。

自転車に乗っていると、眩しい太陽の光や路面からの反射、車のライトなど、視界を遮るものが多くあります。

また、ゴミや埃、風などで視界が悪くなることもあります。

そのため、視界を確保するためには、アイウェアが必要です。

 

 

アイウェアを選ぶポイント

 

アイウェアの必要性を知ったところで、次にアイウェアを選ぶポイントについてまとめていきます。

 

①レンズの機能で選ぶ

アイウェアのレンズには特殊な機能を持っているものがあります。

一般的なサングラスに比べて、価格は高くなってしまいますが、安全性の向上や、状況に応じた対応力があるのでおすすめです。

主なレンズの機能としては、調光レンズと偏光レンズが挙げられます。

調光レンズは、紫外線に応じて自動的にレンズの濃さを調節するレンズです。このレンズが搭載されていれば、昼夜問わず快適な視界を保つことができます。

長時間走るロングライドをやる方にはおすすめです。

偏光レンズは、光の乱反射を抑え、レンズへの映り込みや反射光をカットしてくれます。

日差しが強い日でも、光を抑えてくれるので、目が疲れにくいという利点があります。

サイクリング用のアイウェアを選ぶときには、この2つの機能をチェックしてみてください。

 

②レンズカラーで選ぶ

アイウェアにも様々なレンズカラーが取り揃えられており、色によって特性が異なります。

一般的に、レンズの色が濃く、暗いものほど、強い日差しを抑えることができますが、当然その分視界が悪くなります。

また、黄色、オレンジ、クリアなど、薄く、明るい色は、よりクリアな視界を確保することができます。

夜間走行や視界の悪い中を走る上では、向いているレンズです。

このようにレンズの色によって、アイウェアの特徴が異なるので、自分の走行スタイルに合わせたレンズカラーを選ぶといいでしょう。

 

③フィット感で選ぶ

サイクリングでは、走行中に路面から振動を受けます。

そのため、アイウェアにはフィット感がとても重要です。

フィット感を確かめるには、こめかみ部分のアームにホールド感はあるか、ノーズパットが鼻の形に合っているか、などをチェックしてください。

また、アジア人の顔に合わせて作られている「アジアンフィット」が用意されているメーカーもありますので、購入前に確認してみてください。

 

 

おすすめのアイウェアブランド3選

 

ここでは、サイクリング用のアイウェアのおすすめブランドを紹介します。

購入の参考にしてみてください。

 

①OAKLEY(オークリー)

オークリー独自のレンズテクノロジーによって、路面のコントラストを強化し、路面のくぼみや障害物を素早く発見できます。

また、素早く簡単なレンズ交換が可能なので、どんな天候や状況にも素早く対応できる上に、高性能な調光・偏光レンズを使用しています。

世界中のアスリートが愛用している信頼と実力のあるブランドです。

 

 

②RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)

30年以上の歴史を持つアイウェアのブランドで、グリラミド製の超軽量フレームは着け心地が良く、耐衝撃性能にも優れています。

こめかみにあたる部分には、柔軟性に富んだ素材が使用されており、抜群のフィット感をもたらしてくれるでしょう。

使い心地の良さとフィット性に優れたブランドです。

 

 

③OGK KABUTO(オージーケーカブト)

こちらは日本のメーカー「OGK KABUTO(オージーケーカブト)」が販売しているアイウェアです。

日本人のフェイスラインを想定して作られているので、フィッティング性能が高く、調光レンズを採用していながらも、価格は他のブランドよりも安い、コストパフォーマンスに優れたブランドです。

自分の顔の形に合うアイウェアが見つからないときは、こちらのブランドをお試しください。

 

 

 

まとめ

サイクリングをする上で、アイウェアは購入した方がいいアイテムです。「そんなにガチで自転車に乗ってないから必要ないかも…」とは思わずに、大切な目を守って、楽しくサイクリングをするためにも、アイウェアの購入を検討してみてください。

公式アカウント

関連記事