安全なサイクリングのために。自転車走行で「落車」につながる3つの要素と対策法

Greenfield

安全なサイクリングのために。自転車走行で「落車」につながる3つの要素と対策法

自転車に乗っている人が気をつけなければならないことの一つが「落車」です。自転車の場合、転倒した時に体が剥き出しの状態で地面と衝突するので、時には大けがにつながる恐れもあります。自転車による落車を防ぐためには、落車につながるような要素を理解し、それに伴う対策としっかりとした運転技術を身に着ける必要があります。今回は、自転車に乗っている人に向けて、落車しないためにできる対策をまとめました。

落車に繋がる3つの要素について

 

落車の原因となるものには、大きく分けて3つの要素があります。

1つ目は、道路の状況です。

自転車で走る道はすべてが完璧に整っているわけではなく、時には走行するうえで障害となり得るものが多くあります。

それらをきちんと認識し、うまく避けていくことが重要です。

2つ目は、運転意識や技術です。

落車をしないためには、できるだけリスクを軽減できるような走行が求められます。

安全運転のための意識や、しっかりとした運転技術が必要です。

3つ目は、自転車の状態にあります。

いくら安全に走行し、道路の状況を把握していたとしても、自転車が不良状態では安全に走ることができなくなります。

次からは、この3つの落車要因について詳しく解説していきます。

 

 

 

落車の原因となる要素① 道路状況

 

まずは、1つ目の道路状況について。

道路上には自転車の転倒に繋がる様々な障害がありますので、例を出しながら詳しく紹介します。

 

①縁石などの段差

自転車で走っているときは、車道の状況に応じて歩道へと進路を変えて走ることがあります。

車道から歩道へ上がるときに乗り越える段差には、注意が必要です。

段差で車体が跳ね上がったり、登れずにタイヤが滑ってしまうことがあります。

対策としては、段差を上がるときにはスピードを落とし、段差に対して車体に角度をつけて上がるようにするといいでしょう。

 

②マンホールや白線など

車道を走行しているとよく目にするマンホールや、車線として引かれている白線は、アスファルトよりも滑りやすいです。

特に、雨が降った後の濡れた状態は、かなりスリップしてしまう可能性が高くなります。

そのため、こうした部分はできるだけ避けるか、減速して通ったほうがいいでしょう。

 

③アスファルトの裂け目や排水溝

道路にはアスファルトが裂けている部分や、コンクリートとの境目に生じた亀裂があります。

こういった部分は自転車で走ってしまうと、タイヤがはまってしまいハンドルの制御ができなくなります。

また、排水溝の部分でも同様の危険があります。

このような部分は走らないに越したことはありませんので、道路状況をしっかりと把握しながら走行しましょう。

 

 

 

落車の原因となる要素② 運転意識や技術

 

次は、自転車を運転する人の意識や技術についてです。

どんな人でも危険な運転をしていると落車のリスクが高まりますので、安全な運転を心がけるようにしましょう。

 

① スピードの出しすぎ

スポーツ自転車に乗っている場合、普通の自転車よりもスピードがでやすいため、ついついスピードを出して走りたくなってしまいますが、スピードを出すということはそれだけ自転車の制御が難しくなるということです。

道路の状況や自分の運転技術に合わせて、安全な速度で運転することが大切です。

 

②ブレーキング技術

自転車の運転技術の中で重要なものに、ブレーキングがあります。

ブレーキング技術が未熟であった場合、ブレーキをかけたときにスリップしてしまったり、止まりたい場所で止まれないなどが生じます。

自転車の基本は走る、止まる、曲がるですが、そのすべてにブレーキングは関わってくるので、十分なブレーキング技術を身に着けるようにしてください。

 

 

落車の原因となる要素③ 自転車の状態

 

いくら自転車に乗るのがうまくなっても、肝心の自転車本体が消耗していると、安全性を低下させてしまいます。

自転車の消耗については全ての部品において言えることですが、今回は落車に繋がる代表的なポイントを紹介します。

 

①タイヤ

自転車に長く乗っているとタイヤがすり減ってきますが、タイヤは消耗するほどグリップ力が低下し、スリップの危険が高まります。

 

②ブレーキ

ブレーキに付いているブレーキシューが消耗していると、制動力が低下し危険です。

自転車は定期的に点検し、常に安全な状態で走行できるようにメンテナンスをしましょう。

 

 

まとめ

自転車に乗るのであれば、できるだけ落車はしたくないものですよね。今回紹介したポイントを守るだけではなく、自分で落車をしないための方法を発見していくことも重要です。時には大けがに繋がりかねない落車をできるだけ防いで、快適な自転車走行を楽しんでください。

関連記事