【子どもの自立心と英語力を育む】楽しく遊びながら学べるイングリッシュキャンプとは?

Greenfield

【子どもの自立心と英語力を育む】楽しく遊びながら学べるイングリッシュキャンプとは?

イングリッシュキャンプと聞いて、どんなキャンプを想像しますか?英語を猛勉強するための合宿?それとも英語しか使っちゃいけない英会話キャンプ?今回は、宮城県復興支援のひとつで毎年行われている「国際交流イングリッシュキャンプ」を紹介します。このキャンプは、英語が話せなくても、自然の中で思いっきり遊びながら英語や国際感覚を身につけることができる、子ども向けのプログラムです。夏休み、子どもに何か体験させたいという方は、とってもおすすめなのでチェックしてみてください。

国際交流イングリッシュキャンプって?

英会話の上達を目標とした「イングリッシュキャンプ」は、全国の英会話スクールなどが開催していますが、今回ご紹介する「国際交流イングリッシュキャンプ」は、それとはちょっと目的が違います。

 

 

主催している宮城県復興支援センターは、2011年3月11日の東日本大震災後に、被災地(宮城・福島・岩手)の復興支援活動をする団体として設立されました。

このキャンプ事業は、海から離れた自然豊かな山々のなかで、直接震災の被害にあった被災児童を無償招待し、こどもたちの心のケア支援と防災意識向上の普及支援を目的に、2012年夏からスタート。

一般参加者の費用の一部を活用し、「被災児童のキャンプ無償招待」「留学生による全国の小学校無償出前授業」「小学校無償防災出前授業」を実施しています。

年々参加者は増加しており、現在は被災した宮城、福島のほかに、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡でも行われるようになりました。

 

 

どんな内容なの?

国際交流イングリッシュキャンプは、小学生100名と外国人留学生20~25名、海外留学経験者の日本人8名が、1泊2日33時間の共同生活をします。

(会場によっては、2泊3日のプランもあります。)

いわゆる「英語合宿」のように、授業の時間などはありません。

 

 

様々な国籍の外国人や海外留学経験者から、世界の文化や習慣、歴史、考え方を、楽しく遊びながら自然に学べるプログラムが組まれています。

子どもたちは世界が広がり、英語の必要性も肌で感じるでしょう。

これからの国際社会で生きていくために英語を学んでいく「きっかけ」が、このイングリッシュキャンプなのです。

また、親から離れキャンプに参加することにより、子どもたちは自主性や積極性を養い、一回り大きく成長して帰ってきます。

BBQやキャンプファイヤー、肝試しに宝探しなど、「キャンプ」としての楽しみも盛りだくさんの国際交流イングリッシュキャンプは、約3割がリピーター。

子どもたちが自らまた行きたい!と思えるような、有意義で楽しいキャンプであることが分かりますね。

 

 

 

スケジュール

イングリッシュキャンプの開催は春と夏の年2回の開催です。

キャンプの具体的なスケジュールはこちらをご覧ください。

(こちらは東京エリアのスケジュールです。エリアによって内容は異なる場合があります。)

 

 

 

 

募集要項

 

参加の対象は小学1年生~6年生まで。

英語が全く喋れなくても、楽しく参加できるので心配ありません。

参加費用はエリアによって異なりますが、だいたい1泊2日で23,000円~25,000円程度。

費用には、参加費、バス送迎費、宿泊費、施設利用費、アクティビティ部材費などが含まれています。

仮設住宅入居小学生、避難生活小学生は無償招待されます。(各回10名)

定員は105~110名程と大規模なので、応募したけど定員オーバーだった・・・ということもあまりないようです。

とは言っても、申し込み開始から2週間程で定員に達するそうなので、早めの申し込みがいいでしょう。

 

 

申し込み方法

 

イングリッシュキャンプに参加する場合は、インターネットと電話で仮申し込みができます。

仮設住宅入居児童、避難生活児童の無償招待のお申込は電話のみで受け付けているそうです。

仮申し込みが済んだら申込書類が送付されてきますので、郵便にて提出し、参加費用を振込すれば申し込みが完了します。

インターネット仮申し込みは、公式ホームページの仮申し込みフォームをご利用ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ

 

  • 国際交流イングリッシュキャンプ事務局

電話 022-722-6231

【受付時間】月水金10:00~17:00
(お休み:12:30~13:30・火木土日祝日)

 

 

まとめ

国際化の時代に英語は必須といえますが、なかなか日常で英語に触れる機会はありません。授業ではなく、ゲームやオリエンテーションを通して英語を身近に感じることができれば、子どもたちは英語を好きになってくれるでしょう。子どもにとって貴重な経験になりますので、夏休みに子どもに何かチャレンジさせたいと思っているなら、申し込んでみてはいかがですか?

関連記事