【子どもの雪遊び】服装や靴はどうする?雪遊びファッションの基本とおすすめアイテム12選

Greenfield

【子どもの雪遊び】服装や靴はどうする?雪遊びファッションの基本とおすすめアイテム12選

子どもをそろそろ雪遊びデビューさせたい、子どもと雪国に旅行に行くなど、初めて雪遊び用のウェアを用意するお母さんは、何を着せればいいんだろう?と悩んでいるのではないでしょうか。雪遊びには服装だけでなく、靴や小物も準備が必要です。今回は、雪遊びの服装の基本と、機能的でかわいいオススメのアイテムをご紹介します!

雪遊びにはやっぱりスキーウェア?

まずは一番外側に着るウェア選び。

子どもは雪の上に座って遊ぶことが多いので、防水または耐水圧の高いスキーウェアがベストです。

ただし、3才くらいまでの小さい子どもの場合は、そこまで長時間の雪遊びはしません。

本格的な防水ウェアはゴワゴワして動きづらいですし、値段も高いので、中綿入りで表地がポリエステルのバンティングなどで十分でしょう。 

 

北欧テイストなアニマル柄がオシャレなバンティング♪雪遊びデビューに!

【LITTLE BEAR CLUB (リトルベアークラブ) ベビー アニマル 幾何柄 中綿 ジャンプ スーツ】

¥ 4,212

 

ポリエステルのウェアはある程度の撥水機能が備わっていることも多いですが、防水ではないので長時間使用すると水が染みてくることもあります。

あらかじめ撥水スプレーをしておいて、撥水力を強化しておくと安心です。

 

子どものウェアにも安心して使える撥水スプレー。

【TOKO(トコ) 撥水スプレー 登山・防寒・雨具ウエア用 テキスタイルプルーフ 250ml】

¥ 1,940

 

つなぎタイプがおすすめなのは、雪の上に寝っ転がったり転んだりしても、お腹から雪が入ってこないから。

つなぎタイプはトイレが大変ですが、オムツの時期なら問題ないですし、見た目もかわいいですよね♪

オムツが取れたらセパレートタイプの方がトイレは楽です。

ボトムがビブタイプ(ハイウェスト)だと雪が入りにくいですよ。

 

サイズ調整機能、反射ワッペン、笛付き引き手など機能満載!インポートっぽいカラーリングも◎♪

【オンヨネ(ONYONE) キッズスキーウエア 上下セット】

¥ 7,468 – ¥ 8,629

 

子ども用のスキーウェアは成長に合わせてサイズの調整ができるタイプが多いですが、やはりすぐにサイズアウトしてしまうのがもったいないところ。

スキー場で遊ぶなら、レンタルを利用するという手もありですね。

 

 

中には何を着るの?

インナー

子どもはたくさん動いてすぐに汗だくになるので、ウェアの中はあまり着込ませず、乾きやすくて動きやすい服装が基本です。

インナーは汗を吸ってくれて乾きやすい化繊、汗冷えしないウールを選んでください。

 

保温性が高いポリエステルベースのアンダーウェア。カットソーとしても着られるデザインなので普段使いにも。

【THE NORTH FACE ロングスリーブウォームクルー】

¥ 2,999 – ¥ 3,024

 

一見、肌に良さそうなコットン100%などは、汗の乾きが悪く体を冷やしてしまうため雪遊びではNGです。

本格的にスキーやスノボをする場合はアウトドアメーカーのものが機能的でおすすめですが、雪遊び程度ならユニクロのヒートテックなどでも大丈夫ですよ。

下半身も化繊のレギンスがいいですね。

 

トップスと同素材のあったかボトムス。

【THE NORTH FACE ウォームトラウザース】

¥ 2,999 – ¥ 3,024

 

また、靴下は厚手のものを用意しましょう。

短いとブーツの中で脱げやすいので、ハイソックスが理想です。

 

脱げにくく速乾性のある2足組のお得なスキーソックス♪

【アビラ子供用 キッズソックス2足組 】

¥ 1,450

 

中間着

インナーの上にはトレーナーなどでも問題ありませんが、薄手のフリースがベター。

フリースは軽くて温かく、万が一濡れてしまっても乾きやすいです。

 

極細マイクロファイバーを密に編んだ生地は薄手なのに温かい♪

【モンベル シャミース プルオーバー Kid’s】

¥ 4,700

 

ハイネックのジップタイプは、体温調節がしやすくておすすめですよ。

下半身はスパッツのみで大丈夫ですが、かなり冷え込むときはフリースパンツやジャージを上から履かせてもいいでしょう。

 

 

小物はどう選ぶ?

手袋

毛糸やフリースの手袋だと、手が冷たくなって雪遊びなんてできません。

スキー用の防水グローブ、または撥水加工の手袋を用意しましょう。

手袋はなくしやすいので、リーシュコード付きのものを選ぶと安心です。

 

サイドジッパーで着脱カンタン!落下防止のグローブリーシュ付き。

【VAXPOT(バックスポット) スキーグローブ トドラー ミトンタイプ】

¥ 1,499 – ¥ 1,799

 

 

小さい子どもは自分でも着脱しやすいミトンタイプ、5才以上になったらものを掴みやすい5本指タイプがおすすめです。

 

帽子

ニット帽やボア付きなど、温かい帽子を用意しましょう。

耳当て付きのものがおすすめです。

 

くまさんのお耳がキュートな耳当て付きニットキャップ。柔らかな肌触りで子どもも嫌がりません♪

【XIAOHAWANGベビーニット帽】

¥ 1,336

 

ネックウォーマー

マフラーだと遊んでいるうちに外れて危険なので、ネックウォーマーがあるといいですよ。

 

ふわふわ起毛が気持ちいい♪大人にも人気のもちはだシリーズ。

【もちはだ キッズ ネックウォーマー フリーサイズ 中厚地】

¥ 1,080

 

小さい子だと嫌がるかもしれないので、無理に着けなくてもいいです。

その場合はハイネックのインナーやフリースを着せて、首回りを温かくしてあげましょう。

 

 

靴はどんなものがいい?

スノーブーツ

長靴では足が冷えますし、滑りやすく動きづらいのでおすすめしません。

ボアやフェルトのライナーが付いた、温かいスノーブーツがいいですね。

 

ジッパー付きで着脱ラクラク!後ろの紐でサイズ調整可能。防水性も見た目もお値段以上♪

【プーキーズ POOKIES ジュニアスノーブーツ】

¥ 3,000 – ¥ 4,465

 

 

長さがある、履き口が絞られているなど、上から雪が侵入してこないものを選びましょう。

ゲイター(足カバー)を利用するとさらに安心です。

 

これさえあれば靴下を何回も履き替えなくていい!丈夫な作りの足カバーはマストですよ♪

【キャプテンスタッグ キャンプ 雪山 ウィンタースポーツ 雪よけ 足カバー 子供用】

¥ 1,684

 

 

 

 

 

公式アカウント

関連記事