【キャンプビギナーが使ってみた】座り心地、コスパ最高。アディロンダック キャンパーズチェア

Greenfield

【キャンプビギナーが使ってみた】座り心地、コスパ最高。アディロンダック キャンパーズチェア

キャンプ初心者が一からギアを揃えるシリーズです。今回は、キャンプでリラックスするときに欠かせないチェアについて。テントやシュラフには皆そこそこお金をかけますが、椅子はこだわる人とそうでない人に見事に分かれるので、本当に悩みました。私が悩んだ末に導き出したチェアは、アディロンダックのキャンパーズチェア。どうしてコレに決めたのか、また実際に使ってみた感想などをリアルにお伝えします!

キャンプビギナー、椅子を買う。

アウトドア用の椅子は、ホームセンターで売っている安いものから、おしゃれキャンパー御用達の高価なものまで、本当にピンキリですよね。

キャンプを始めたばかりの頃は、他にもいろいろと揃えないといけないので、椅子ひとつにそんなにお金をかけていられません。

正直「椅子なんて座れれば何でもいいか~」と思っていました。

しかし、いろいろと調べているうちに、私は気付いたのです。

キャンプでは基本的に、椅子に座っている時間が一番長いということに。

つまり、キャンプでくつろげるかどうかは、椅子選びにかかっているということです。

そこで私は、こんな条件で椅子を探し始めました。

 

・座り心地がいい

深く座れる、背もたれに頭まで預けられる、低すぎないものがベスト。

・オートキャンプで使用

とりあえず車に積めればいいので、コンパクト性はあまり重視しませんでした。

・耐久性がある

1度買ったものは長く使いたいので、安くてすぐ壊れそうなのは×。

・1万円以内

とは言っても予算は厳しいので、1脚1万円以内で。

・カッコいい

やはり見た目は譲れません。

 

この条件に近い候補として、コールマンのレイチェア、小川キャンパルのハイバックチェア、アディロンダックのキャンパーズチェアの3つに絞りました。

そして、アウトドアショップに行き、実際に座り比べてみました。

コールマンのレイチェアは背もたれが一番高く、角度を調節できるのが魅力です。

しかし、生地やフレームが少し頼りなく、なんだかすぐに壊してしまいそう。

 

 

 

小川キャンパルのハイバックチェアは、座り心地がすごく良かったです。

でも、ちょっと値段が高すぎました・・・。

 

 

そしてアディロンダックキャンパーズチェア。

座り心地◎、カラー展開も好み、しかも予算内!

ということで、アディロンダックに決定したのです。

 

ちなみに、おしゃれキャンパーの定番、ヘリノックスのチェアワンも、やっぱりかっこいいなぁと思っていましたが、実際に座ってみると、座りが浅くてあまり快適ではありませんでした。

ヘリノックスは座り心地よりも、コンパクト性や軽さを重視する方にはいいんでしょうね。

後々欲しくなりそうですが、最初の1脚目ではないかな、という印象です。

 

 

アディロンダックキャンパーズチェアとは

アディロンダックは、A&Fのオリジナルブランドです。

流行に左右されることない、ベーシックなものづくりがコンセプト。

どのギアも高品質でコスパが良く、キャンパーから定評があります。

 

アディロンダックの代表アイテムが、このキャンパーズチェア。

この贅沢な座り心地は、一度体験すると忘れられませんよ。

フレームはアルミで軽量、シートはポリエステル100%とコットン100%のものがあります。

大きさは3種類です。

 

【キャンパーズチェア】

くつろぎ度満点。足が伸ばせる高さ。

スペック : ■サイズ:(使用時)W57×D68×H90cm (収納時)W14×D14×H108cm ■重量:約2.9kg ■素材:シート/ポリエステル100%、フレーム/アルミ合金 ■耐荷重:80kg ■座面両端のフレームの高さ:約43.5cm ■座面布部(おしり部分):約39cm ■付属品:ナイロン収納ケース

 

【リラックスキャンパーズチェア】

少しロータイプ。焚火のときはこちらが良さそう。

スペック : ■サイズ:(使用時)W57×D68×H80cm (収納時)W17×D17×H108 cm ■重量:約2.9kg ■素材:シート/ポリエステル100%、フレーム/アルミ合金 ■耐荷重:80kg ■座面両端のフレームの高さ:約48cm ■座面布部(おしり部分):約36cm ■付属品:ナイロン収納ケース

 

【スモールキャンパーズチェア】

ちょっと小さめ。荷物を少なくしたいならいいかも。

スペック : ■サイズ:(使用時)W48×D54×H67cm (収納時)W14×D14×H81cm ■重量:約2.5kg ■素材:シート/ポリエステル100%、フレーム/アルミ合金 ■耐荷重:70kg ■座面両端のフレームの高さ:約33cm ■座面布部(おしり部分):約29cm

 

座り心地重視なので、一番座高が高いキャンパーズチェアをチョイス。

カラーは悩みましたが、他にはなかなか無いオールブラックにしました。

 

 

使ってみた

ネットで買ったので、届いたときにその大きさに驚きました。

お店で見たときはそうでもないと思ったのですが、家で見ると急に大きく見えるのはよくあることかもしれませんね。

銀マットと比べるとこんな感じです。

重さは2.9kgだそうですが、結構ズシっと重いです。

でも、広げるのは簡単スムーズ。

シンプルで無駄が無いデザイン、かっこいいな~と惚れ惚れしてしまいます。

フレームも生地もかなりしっかりしていて、長持ちしてくれそうです。

座ってみると、やっぱり最高。

背もたれが絶妙な角度なので、焚火など前傾姿勢の作業もできるし、体を背もたれに預けても、起き上がれなくなりません。

ドリンクホルダーはありませんが、サイドテーブルがあれば問題なし。

お酒を飲みながらリラックスするのに、これ以上の椅子はないと思います。

深く座ると頭を預けられるので、星空を眺めたり、座ったまま仮眠もできますよ。

私は家でも使っていて、座ったまま3時間も熟睡したことがあります。

 

リラックスキャンパーズチェアとの違い

友人がリラックスキャンパーズチェアを持っていたので、並べてみました。

こうやってみると、高さの違いが分かりやすいですね。

キャンパーズチェア

 

リラックスキャンパーズチェア

 

背面も少し傾斜がついて、よりリラックスできそうです。

高さがない分、収納時もこちらのほうが小さいので、快適性は捨てたくないけど、なるべくコンパクトがいいという方は、こちらがいいんじゃないでしょうか。

 

 

まとめ

最初は収納時の大きさにビックリしましたが、結局座ったときの快適さと、畳んだときの大きさは比例していくんだなと思いました。オートキャンプの場合だと、大きさはあまり気にならないので、本当に買ってよかったです。ミニマム派の方には向いていないかもしれませんが、贅沢な時間を過ごしたい方には絶対におすすめですよ!

公式アカウント

関連記事