星空観察におすすめの人気キャンプ場♪星の町に行ってみよう【中国編】

Greenfield

星空観察におすすめの人気キャンプ場♪星の町に行ってみよう【中国編】 出典さじアストロパーク

空気が澄んで、肉眼でもたくさんの星が見られるこの時期は、星空観察に出かけたくなりますよね。冬の空は1年で最も一等星が多いので、とても華やかな星空を眺めることができますよ。今回は、中部地方の天文台や、天体観測ができる宿泊施設、キャンプ場などをまとめてみました。お近くの方は是非足を運んでみてください♪

さじアストロパーク 鳥取

 

豊かな自然に囲まれた鳥取市佐治町は、過去に全国星空継続観察で第1位に認定されたこともある星空の名所です。

そんな恵まれた環境にあるさじアストロパークは、日本最大級の103cm大型望遠鏡やプラネタリウム、宿泊施設を備えた、国内でも有数の公開天文台。

最新技術を駆使した体験型展示や、季節に合わせた天文イベントなどもあり、親子でどっぷりと宇宙の世界にハマることができます。

星空観察会も晴れた夜には毎日行っており、雨天の場合もプラネタリウムを使った星空解説があるので、天候を気にせず遊びに行けますよ。

 

敷地内の宿泊施設「星のコテージ」は、なんと室内に本格的な望遠鏡が設置されているというから驚きです。

夜通し星空を観察できるなんて、天文好きなら一度は泊まってみたいですよね。

トイレやお風呂、キッチンや食器類も完備されているので、気軽に利用できます。

1泊2食付きのペンションタイプ「コスモスの館」(望遠鏡無し)もあるので、お好みに合わせて選んでください。

 

こちらも合わせてご覧ください。

さじアストロパーク

 

 

 

三瓶自然館サヒメル 島根

 

島根県大田市にある自然・科学博物館三瓶自然館サヒメル。

サヒメルとは聞き慣れない言葉ですが、三瓶山の古称「佐比売山(さひめやま)」とメールを組み合わせた造語なんだそう。

様々な剥製や標本の展示のほか、天文台やプラネタリウムも備えており、何度訪れても新しい発見ができる施設です。

 

プラネタリウムは毎日上映されていますが、天体観察会は毎週土曜日の夜のみ開催しています。

建物の向かい側には北野原キャンプ場があり、天然のプラネタリウムを楽しむこともできますよ。

オートキャンプ場や気軽に泊まれるケビンがあり、バーベキューセットも販売されているので手ぶらもOK。

愛犬と一緒に利用できるドッグバンガローや、広々ドッグランも備えていて、ワンちゃん連れにもおすすめのキャンプ場です。

 

こちらも合わせてご覧ください。

三瓶自然館サヒメル

北野原キャンプ場

 

 

星居山森林公園キャンプ場 広島

 

標高853m、広島県東部では最高峰の星居山(ほしのこやま)。

北は大山、南は四国連山という大迫力の眺望が広がり、その名の通り夜には無数の星達を見ることができます。

そもそも「星居山」とは、大化元年(645年)、この地一帯に天空から星が降り注ぐ現象が相次ぎ、それを聞いた天皇が自ら山に滞在して現象を体験され、この山を「星ノ居山」と命名したんだそう。

 

真夜中に真昼のごとく光ったと言い継がれている現象は、UFOではないかという説もあり、何とも神秘に包まれた山なのです。

オートキャンプ場、バンガローの近くには芝生の広場や遊具があり、山頂へと続く遊歩道沿いには、ショウブ園や巨大迷路、ミステリーハウスが。

子どもから大人まで1日中楽しめますね。

山頂にある展望台までは歩いて2~30分くらいで到着します。

昼間は雄大な山並みを、夜は星が降るのを見れちゃうかも?!

 

こちらも合わせてご覧ください。

星居山森林公園キャンプ場

 

 

 

美星天文台 岡山

 

岡山県井原市の美星町は、吉備高原の南部に位置し、その町名のとおり美しい星空が見られる地域です。

町名にちなみ「天文の町」としての町おこしも盛んで、天文ファンの間では日本で初めて光害防止条例を施行・実施した町として知られているんですよ。

101cmの大望遠鏡での観望を、金・土・日・月曜日の夜に、予約なしで誰でも気軽に楽しめます。

 

また、美星天文台から5km程離れた場所には井原市星空公園があり、こちらにも敷地内に天文台があります。

こちらの観望会は月に1度の開催ですので、日程はHPでよく確認してくださいね。

 

井原市星空公園の近くには、高台にあり星空に手が届きそうなキャンプ場星空間があります。

比較的新しいキャンプ場なので、トイレやシャワーなどもキレイ。

女性や子ども連れでも安心ですよ。

 

こちらも合わせてご覧ください。

美星天文台

井原市星空公園

星空間オートキャンプ場

 

星空まめ知識~ふたご座流星群を見にいこう~

ふたご座流星群は、1月に見られるしぶんぎ座流星群、夏を代表するペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の1つで、毎年12月5日~20日ごろまで見ることができます。

これらの流星群の中でもふたご座流星群は安定していて、一晩で見られる流星数としては年間最大。

条件が揃えば1時間に40~60個、多いときで100個近くに達することもあります。

2017年は、ここ数年の中では比較的良い条件で観察できるということです。

ベストなタイミングは、12/13の日没後から12/14の日の出まで。

周りに明かりが無い場所なら、1時間で40個程の流星が見られるそうですよ。

見る方向はどちらでも構いませんが、月明かりの影響を受けないように、月とは反対方向、また、市街地ではない方向を見るようにしてください。

平日の夜中ですが、年に一度の天体ショーですので、頑張って夜更かしor早起きしたいものですね♪

 

 

まとめ

中国地方も、星で町おこしをしているところがこんなにあるんですね。星空継続観察で日本一になった実績があったり、昔の言い伝えから星にちなんだ名前がついたりと、理由は様々ですが、実際に行ってみれば美しい星空が見られることは間違いないでしょう。ふたご座流星群の時期を狙って行ってみるのもアリかもしれませんね!

公式アカウント

関連記事