【仁淀ブルーの季節がやってきた】秋の仁淀川を満喫しよう♪

Greenfield

【仁淀ブルーの季節がやってきた】秋の仁淀川を満喫しよう♪

秋の行楽シーズンに、是非訪れて欲しい場所、仁淀川。「仁淀ブルー」と呼ばれる青く透き通った水の色は、初秋から冬にかけてしか見ることができない特別な景色です。仁淀川の周辺は豊かな自然に溢れ、11月上旬頃からは仁淀ブルーとともに、紅葉に彩られた美しい渓谷を見ることができます。キャンプやカヤックなどを楽しむにも最適なシーズンですし、秋のおいしいグルメも堪能できますよ。今回は秋の仁淀川の楽しみ方をお伝えします!

奇跡の清流仁淀川、秋の顔

高知県を流れる一級河川仁淀川は、吉野川、四万十川に次ぐ四国第三の川です。

ここ数年の水質ランキングでは堂々の全国1位

まるでインクを溶かしたような青く透き通る神秘の水は、2012年にNHKスペシャル「仁淀川 青の神秘」で「仁淀ブルー」として紹介され、全国的に有名になりました。

その姿を一目見ようと、多くの観光客や写真家、アーティストが訪れ、魅了され続けています。

しかし、「仁淀ブルー」は一年中見られるわけではありません。

2月〜8月にかけては、藻が繁殖することにより、青というよりは緑がかった色に見えるんです。

もちろんどの季節も美しい仁淀川ですが、究極の仁淀ブルーを見たいなら、8月中旬〜1月の間に訪れることをおすすめします。

 

仁淀川の紅葉を楽しもう

仁淀川の紅葉の見ごろは11月上旬頃。

仁淀ブルーと紅葉、どちらも楽しめるスポットをご紹介します。

安居渓谷

仁淀ブルーを見るならここは外せません。

仁淀ブルーの真髄ともいえる、青く透き通った水と紅葉のコントラストは息を飲むほど美しく、撮影スポットしても有名です。

多くの滝が点在し、大自然の迫力を感じることができます。

中津渓谷

県立自然公園にも指定されている人気の景勝地です。

「四国の水辺八十八ケ所」にも選ばれています。

渓谷には遊歩道があり、川の流れを間近に見ながら散策を楽しめます。

長い年月をかけて造られた荘厳な渓谷。

その全貌を見下ろせる展望台もあり、絶景を堪能できます。

また、渓谷だけでなく、下流の沈下橋付近も風情があっておすすめです。

10月下旬〜11月上旬には、仁淀川の河川敷約2haに、なんと150万本ものコスモスが咲き誇るんですよ。

四国最大級のコスモス畑で、この時期は2週間に渡りコスモス祭りが開催されます。

紅葉だけでなく、秋の花を愛でるのもいいものですね♪

 

おすすめアクティビティはカヌー・カヤック

 

ウォーターアクティビティでも人気の仁淀川。

秋のおすすめは、ゆったり景色を楽しめるカヌー&カヤックです。

紅葉を川の上から見られるなんて、何とも贅沢ですよね!

日本一の透明度を誇る仁淀川でのカヌーは、川底の色とりどりの石までよく見えて、まるで中に浮いているような感覚に感動するはずです。

カップル、夫婦、友達とでも、お年寄りや小さい子どものいる家族でも、みんなが楽しめますし、ツアーに参加すれば手ぶらでOKですよ。

カヌー経験者の方は、是非ダウンリバーに挑戦してみてください!

 

  • リバークルーズ

http://niyodogawa-rivercruise.com/

 

また、秋はキャンプにも最適な季節。

仁淀川沿いにはロケーションの良いキャンプ場が数多くあります。

大自然の中にあるため高規格のキャンプ場は少ない印象ですが、近くには温泉がたくさんあるので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

  • 黒瀬キャンプ場

http://www.ochi-kankou.jp/kurose/

 

  • 木の根ふれあいの森

http://www.moritomidori.com/sasayaki/shizentaiken/kinone.html

 

  • グリーンパークほどの

http://www.gp-hodono.jp/

 

秋ならではのグルメも堪能して♪

仁淀ブルーを思いっきり楽しんだら、仁淀グルメも満喫しちゃいましょう。

秋のおすすめは何と言っても戻りガツオ

高知を訪れたなら絶対に食べたいですよね!

丸々として脂ののったカツオは「とろカツオ」とも呼ばれているんですよ。

カツオ本来の旨さを味わえる塩たたきで頂くのがおすすめです。

また、仁淀川周辺にはりんごや梨、みかんなどのフルーツ農園が多く、りんごや梨狩り体験を楽しめます。

仁淀は土佐のお茶処としても有名で、茶摘み体験もできますよ。

秋は煎茶のまろやかさが増し、深みが出る熟成期です。

甘いフルーツと美味しいお茶も是非堪能してください。

お酒が好きな方には、仁淀川の伏流水を使った地酒もおすすめです。

お土産にも喜ばれそうですね♪

 

まとめ

仁淀ブルーはこれからが見ごろ。川底の石までくっきりと見える青く透明な清流に、心まで洗われるようです。紅葉シーズンは特に、自然の芸術ともいえる絶景をご覧頂けるでしょう。スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋、全て満たしてくれる仁淀川へ、是非足を運んでみてください。

関連記事