サーフィンするには何が必要?失敗しない道具選びとは?

Greenfield

サーフィンするには何が必要?失敗しない道具選びとは?

「サーフィンにチャレンジ」する決意をしたら、必要な道具選びを進めていきましょう。サーフィンを楽しむ為には道具選びも重要になってきます。今回は初めてサーフィンへ行く前の道具選びについて、基本的な知識の部分をご説明させて頂きます。

出典 : Wired

まずは自分に合ったサーフボードを選ぼう

さてサーフィンをするのに一番なくてはならないものは何でしょうか?

正解です、板(サーフボード)です。

これがなくては波に乗ることができませんね。

ここで問題になってくるのがサーフボードのサイズになります。

ここでは大まかにその種類を解説し、どのようなボードを最初に購入したらいいか、または、レンタルをしたらいいかということも確認していきましょう。

 

・ショートボード

ショートボードは中〜上級者向けのボードです。

だいたい5.9 – 6.5ftくらいまでをショートボードと言います。

パドル(サーフボードの上で手を使って漕ぐこと)やテイクオフ(サーフボードの上に立つこと)は他のボードと比べて一番難しく、乗りこなすのも難しいと言えますが、その分、ボードがクイックに反応し、いろいろな派手な技が楽しめます。

では始めたばかりの方はこれを選んではダメなのかというとそういうことではなく、最初に「ショートボードをやりたい」と思うならば、立ち上がりは少し時間もかかりますが、ショートボードでスタートするのもアリだと思います。

 

・ファンボード(ミニマルボード)

6.7,8くらいから7.5ftくらいの長さのボードです。

ロングボードとショートボード間のボードと言えるでしょう。

一般的に初心者用ボードと言われています。

ショートボードよりも波に乗りやすく、ロングボードよりは扱いやすい、そんなボードと言えるでしょう。

 

・ロングボード

ファンボードよりも長いボードです。

パドル、テイクオフが早く、波が割れる前のうねりの段階から波に乗れるため、初心者が始めるにもオススメできるボードです。

ロングボードで波に乗る感覚を掴んでからショートボードに転向するというのもアリでしょう。

その分ボードを動かしにくく、ショートボードのようなアクロバットな技は難しいと言えるでしょう。

しかしボードの上を歩いたり、寝転がったりというような、ロングボードでしかできないような優雅な技もあります。

奥の深いサーフボードです。

 

・ミニボード

これはショートボードよりもさらに短いのですが、その分厚みがあるボードです。

5.8ft以下のボードがこれに当たると言えるでしょう

最初からトップスピードが出やすく、非常にスリリングで面白い乗り心地のボードですが、少なくとも初心者のファーストチョイスのボードではありません。

 

 

 

 

ボード以外に必ず必要となるアイテムは?

・ワックス

最初にサーフボードを見た方が意外とびっくりされるのが、ボードに無数の白いつぶつぶがついていることです。

「塩かな?」と思われるかもしれませんが、これがワックスというものです。

これはいわゆる滑り止めで、サーファーがあらゆる場面で、サーフボードから滑りおちるのを防いでくれます。

これがないとサーフィンがかなり難しくなってしまいます。

そのため、毎回サーフィンを始める前には必ずボードの上に塗るようにしましょう。

ただうっすらと塗るのではなく表面にぶつぶつができるまで円を描くように塗りましょう。

水温などに合わせてベースワックスとトップコートに分けれている商品もあります。

また、レンタルボードにはかなりの確率でワックスがついていない場合が多いので、レンタルする場合は、事前に忘れないように買っておくようにしましょう。

余談ですが、筆者は「Sex Wax」というブランドのWaxの匂いを嗅ぐたびに「これからサーフィンだ」という気分になります。

 

 

・リーシュ

これはサーフボードとサーファーをつなぐコードとなります。

リーシュコードがなければ波に乗るたびに、そして波に乗り損ねたり、巻かれるたびにボードが波にさらわれてしまい、サーフボードを取りにビーチまで帰らねばなりません。

さらに海水浴客がたくさんいるようなビーチではリーシュなしで入るとそのボードが彼らに当たりかねません。

そうなった場合は大事故となってしまいます。

とにかくトラブルの元なので基本的にはサーフィンをやる場合はリーシュはつけなくてはいけません。

 

 

その他特定の場合で必要なもの

・ウェットスーツ、サーフスーツ

これは水温が低い冬や春に必要となるものです。

サーフィンは1-3時間ほど海に入りっぱなしになるので、水温が寒いと拷問状態になります。

特にサーフィンを始めたばかりの時はまだ体がそのようにできていないので、寒く感じやすいと思います。

そんな時はウェットスーツというものがあり、これを着ることで寒さを和らげることができます。

他にも上だけの「タッパー」や半袖の「ハーフスーツ」、薄い生地の「ラッシュガード」などがあるので、水温、気温、風などのコンディションに合わせてそれぞれチョイスしていきましょう。

・リーフブーツ

初めてサーフィンを始める時点ではそこまで必要ないかもしれませんが、買っておいてもいいでしょう。

 

 

これは「リーフポイント」と呼ばれる地面、海底が岩やサンゴ礁などのポイントで必要なもので、そのような場所でサーフィンをやる場合、多くの場合足を切ったり、擦りむいたりする可能性が大きいので、それを防ぐために必要なものです。

また水温が低い場合の防寒具ともなります。

まとめ

基本的にはサーフィンはサーフボードさえあればできないことはなく、その道具の少なさ、気軽さもサーフィンの魅力の一つです。しかし、安全を考慮して、楽しくサーフィンするためには、その他にもリーシュや、ワックスなど必用最低限のものが入ります。きっちりと準備してサーフィン、サーフトリップに出かけましょう。

関連記事