初めてのボルダリング!おさえておきたい楽しみ方とマナー

Greenfield

初めてのボルダリング!おさえておきたい楽しみ方とマナー

2020年東京オリンピックの正式種目に認定されたボルダリングですが、注目されるだけあり、街中のスポーツジムなどで手軽に楽しめるようになりました。ボルダリングは通常のロッククライミングと異なり、身体一つでできるスタイルですから、一般の人でもトライしやすいのではないでしょうか。その一方でリスクに対する知識やマナーなどあらためて確認しましょう。今回はそんなボルダリングにおける気になるポイントをいくつかお伝えします。

必要なアイテムは!?服装以外はオールレンタルできる!!

 

基本はジャージなどのように楽に身体を動かすことができれば大丈夫です。

汗だくになるスポーツではないので、Tシャツに短パンか、女性の場合は下着が見えないように気を配ることと、パンツは伸縮性のあるものがベストです。

ボルダリングは全身を使うスポーツなので、動きにくい服装は致命的。

デニムでも伸縮性が抜群なら問題ありませんが、カプリパンツやジャージのような素材で、長さは膝下くらいまで、または足首がすぼまるタイプなら邪魔になりません。

 

 

人によってはかなり汗をかく場合もあるので、汗拭き用タオルを持参しましょう。

また、シューズも数百円程度でレンタルできるので、最初は購入しないで様子をみても良いと思います。

シューズの場合はだんだん緩くなってくるので、最初は多少きついかなと思うくらいのものを選びましょう。

 

 

 

初心者はまず簡単なコースからスタートしましょう

ボルダリング初心者はまず、簡単なコースから登ります。

ホールドの下にスタートのマーク、またはSと書かれたところからはじまり、ゴールまでを辿ります。

この時、足だけは自由に選べるものと、足先も載せるところが決まっているものがあります。

ジムによって異なりますが、足が自由だと比較的楽に登ることができます。

初めての場合はまず上まで登ることを意識しましょう。

ボルダリングでは課題が設定されていて、コースも10~1級まであり、ジムによっては更に上のコールもあるようです。

上手くなるポイントは、途中で諦めず何回か試してみることです。

できれば身体を慣らすために、週1回くらいは続けてみるのが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

その行為、もしかしてマナー違反かも

どんなスポーツにもいえることですが、マナーは守らなければなりません。

特に屋内で行うスポーツで、場所が限られている状況では周囲の迷惑を考慮しなければ、楽しくスポーツはできませんよね。

ジムでも注意されることを含め、以下にその注意点を集めてみました。

・登っている人の真下にいかない

これも最初に言われることだと思いますが、落下の危険性があるので禁止です。

登っている人から必ず離れて待機しましょう。

・登っている人との距離を置く

ボルダリングはコースごとに進行方向なども決まっていますが、それでも続けて登ったり、他の人と距離が近かったりすると、集中できません。

こちらも余裕をみて距離を保つようにしたいものです。

・チョークをまき散らさない

滑り止めに使うチョーク。

滑り止め以外に怪我の予防の意味もあります。

ジムによって粉末タイプのもの、液体スプレー、固形状のものなどありますが、特に粉末タイプのものを使用する場合は、周囲にまき散らすのは迷惑ですから気をつけましょう。

 

 

 

グループで来ている場合は、大勢で一緒に登らないようにしましょう

楽しく登りたい気持ちは分かりますが、大人数で壁を占領されてしまっては、他の人が登れません。

時間を決める等して順番に登りましょう。

 

 

登る前に十分なストレッチをしておきましょう

これは怪我を事前に予防するという意味合いもあります。

特に初心者の人は慣れていないために、着地が上手くできなかったりして怪我をしてしまう可能性も。

筋肉が硬いと怪我に繋がりやすいばかりでなく、運動のパフォーマンスも下がります。

腕、肩、手先足先はよく使うところなので、十分ストレッチをしてから始めましょう!

 

 

まとめ

ボルダリングは5歳くらいの子供から大人まで、性差なく楽しめるスポーツなのが魅力です。それにつれてボルダリングができるスポーツジムも増えてきました。安全が配慮されているとはいえ、過信は怪我のもとです。双方がマナーを守って楽しく登りましょう。

関連記事