初めてのクライミングシューズ!初心者におすすめのシューズは?

Greenfield

初めてのクライミングシューズ!初心者におすすめのシューズは?

クライミングが楽しくなってくると、自分専用のクライミングシューズが欲しい!と思い始める人も多いはず。初めてクライミングシューズを買う前に、この記事を読んでクライミングシューズの種類を知っておきましょう。今回は、1足目のクライミングシューズの選び方と、店頭に置いてあることが多いクライミングシューズを厳選してリサーチしました!

1足目は応用の効くシューズ選ぼう!

履きやすいサイズ

 

クライミングシューズを選ぶ時に一番重視されるのが、履いた時のサイズ感。

きつめのサイズを選ぶのが基本ですが、あまりにもきつ過ぎるシューズを履くのはおすすめできません。

中級者や上級者はより小さ目のサイズを履く傾向がありますが、初心者の初めてのシューズがきつ過ぎると、足が痛くてクライミングそのものが楽しめなくなってしまいます。

ではどのくらいのサイズがいいのかと言うと、痛みがなくて無理のない大きさがベスト。

クライミングシューズはメーカーごとにサイズ表記が違い、サイズ感も違います。

店頭で試し履きする時は、数種類のメーカーおよびサイズ違いを履いてみましょう。

 

応用の効く形

 

クライミングシューズは、ラストと呼ばれる木型をもとに作っています。

そして、それぞれメーカーやモデルごとに履き心地が変わってきます。

クライミングシューズは、ソールの形が2種類、つま先の形が2種類、履き口の形が3種類あります。

 

2種類のソール

・フラット

真っすぐで反っていない形。

くせがなく履きやすい。

・ダウントゥ

つま先に向かって下に反っている形。

傾斜の強い壁で効果を発揮。

 

2種類のつま先

・ストレート

かかとからつま先が真っすぐな形。

くせがなく履きやすい。

・ターンイン

つま先が内側に寄っている形。

親指側のエッジを効かせやすい。

 

3種類の履き口

・ベルクロ

1~3本のベルクロテープで着脱。

履き口が大きく開き、足を入れやすい。簡単に着脱できる。

・スリッポン

上履きのようにゴムが使われている。

足へのフィット感は良いが、使用しているうちに伸びてくるためサイズ選びがやや難しい。

・シューレース

紐で着脱。

足型の違いをある程度吸収し、フィット感も調節しやすいが、トゥフックには向かない。

 

 

それぞれの形にはそれぞれの個性があり、岩質やルートによりシューズの個性が活きてきます。

中級者や上級者が個性のあるクライミングシューズを選ぶ理由の1つです。

初めてのクライミングシューズは、「フラットソールでストレートの形、ベルクロの履き口」がおすすめ。

これからさまざまなムーブを覚えるのに一番応用が効く形です。

それでは、初心者向けにおすすめのクライミングシューズを見てみましょう。

 

 

ファイブテン

ローグVCS

サイズメンズUS3~11.5(21~29.5cm)

レディースUS4~9(20.5~25.5cm)

アッパースエードレザー
ソールステルスC4
価格税込13,500円

 

・ファイブテン独自開発のバランスの良いソールを採用

・足幅が細めの人におすすめ

・自分の足型になじんでくるアッパーのスエードレザー

 

多くのクライマーから絶大な支持を得ているソールを開発した、クライミングシューズメーカーのファイブテン。

ソールのステルスC4は、フリクションと剛性のバランスが良いのが特徴。

不安定な体勢のムーブでも信頼できるソールで、ファイブテンの多くのクライミングシューズに使われています。

 

 

 

スポルティバ

タランチュラ

サイズメンズEU34~48(ハーフサイズあり)

レディースEU33~42(ハーフサイズあり)

アッパースエードレザー
ソールFriXion Black 4mm
価格税込15,120円

 

・スポルティバ独自開発のソール

・足幅が細めの人におすすめ

・自分の足型になじんでくるアッパーのスエードレザー

 

全体的にシューズがしっかりした硬めの作りになっています。

耐久性に優れた粘りのあるソール。

エッジを効かせやすく、程良い足裏感覚を得られます。

 

 

 

スカルパ

フォース

サイズメンズEU34.5~45(21~31.5cm、ハーフ刻み)

レディースEU34.5~39(21~25.5cm、ハーフ刻み)

アッパースエード/マイクロスエード(人工皮革)
ソールビブラムXSグリップ2(3.5mm)
価格税込15,120円

 

・伸びすぎない素材を使用しているのでサイズが選びやすい

・足幅が若干広めの人向き

・上級者向けの高性能ソール、ビブラム®社製を採用

・足裏感覚が良い

 

指先のマイクロスエードは伸びにくいのが特徴です。

デメリットにも思える特徴の裏を返せば、シューズの中の指先のずれを防ぐと言うメリットに。

ソールは登山靴のソールで名の高いビブラム®社製。

クライミングに適した柔らかくて粘りのあるXSグリップを採用しています。

ソールの厚みが他のモデルより薄めのため、足裏感覚を身に付けるのにもぴったりです。

 

 

オリジン

サイズメンズEU34.5~45(ハーフ刻み)

レディースEU34.5~40(ハーフ刻み)

アッパースエード/マイクロファイバー
ソールスカルパ・ビジョン
価格税込10,800円

 

・ソールの剛性が良く、しっかりと立ち込める

・足幅は狭すぎず広すぎない

・ソールはスカルパ独自開発のスカルパ・ビジョン

 

履き心地の良いマイクロファーバーをアッパーに使ったオリジン。

ソールは優れたグリップ力と耐久性で、つま先で立ちやすい仕様です。

コストパフォーマンスが良いだけではなく、十分な性能を備えたシューズです。

 

 

 

まとめ

店頭に並んでいる初心者向けのクライミングシューズは、「フラットなソールでストレートの形、ベルクロの履き口」が多く、性能の大きな差はありません。ただ、それぞれのメーカーやモデルの個性を知っていると選びやすくなります。さまざまなクライミングシューズを試し履きして、つま先やかかとのフィット感、甲の高さや足幅の広さなどを確認し、自分にピッタリのベストパートナーを見つけましょう。

関連記事