ロードバイクのカスタマイズはどこからやる?コスパや効果を解説します!

Greenfield

ロードバイクのカスタマイズはどこからやる?コスパや効果を解説します!

ロードバイクに乗っていると、もっと早く走りたい、もっと楽に走りたいと欲が出てきますよね。そんなときに考えるのが、パーツのカスタマイズでしょう。パーツをよりいいグレードもものと交換すると、目に見えて走りが変わります。しかし、ロードバイクのパーツは種類が多く、一体どこから手を付けていいかわかりません。今回はロードバイクのカスタマイズについて、コスパや効果などの面からまとめていきます。

ロードバイクは全てのパーツをカスタマイズできる!

 

ロードバイクは、フレームとフォークを中心として、そのほかのすべてのパーツを取り換えることができるといっても過言ではありません。

タイヤ、ホイール、コンポーネント、ハンドル、ペダル、サドル、などなど、すべてのものが部品ごとに販売されています。

その中から、目的や予算に応じてカスタマイズをしていくことになります。

パーツを交換することで、ロードバイクの車体重量を軽量化することもできれば、走りの質をよくすることもできます。

今回は、カスタマイズによる効果や、コストパフォーマンスを含めた解説をしていきますので、まだ部品の交換をしたことがない人は参考にしてみてください。

 

 

走りを大きく変えたい人はタイヤとホイールを交換してみて

 

ロードバイクの走りの質に大きな影響を与えているのが、タイヤとホイールです。

これらの部品が回転することで、ロードバイクが走行する仕組みになっているので、これらの部品をカスタマイズすると走りの質を大きく変えることができます。

カスタマイズの費用を安く抑えたいのであれば、タイヤの交換をおすすめします。

タイヤはグレードの高いものでも1本5000円程度で、前後合わせても10000円ぐらいで収まります。

タイヤを替えることで、耐パンク性能を向上させたり、転がり抵抗を軽減することができます。

カスタマイズにそこまでお金をかけたくない人は、まずはタイヤから交換してみましょう。

 

 

そして、ホイールは多少値が張りますが、こちらも走りの質を大きく変えてくれます。

ロードバイクのホイールはグレードが高くなると価格が青天井になるので、なかなか手が出しにくいパーツではありますが、その分交換した時の効果は絶大です。

もし、そこまでお金がかけられなくても、3~5万円のホイールでも充分な変化を感じることができますよ。

 

 

安全性や快適性を変えたいならコンポーネントをチェック

 

コンポーネントは、ロードバイクの走る、止まるなどの駆動を支えるパーツです。

コンポーネントを交換することで、ロードバイクの安全性や快適性を高めることができます。

おすすめのカスタマイズ方法としては、コンポーネントのパーツを1つずつグレードアップさせる方法です。

例えば、ブレーキだけ上位モデルにすることで、制動力を高め、走行の安全性をグッと高めることができます。

また、ギア部分やチェーンなどを交換することで、ギアチェンジがスムーズになるなど、走る中での快適性がアップします。

コンポーネントのカスタマイズは、タイヤやホイールに比べて、価格ほど大きな変化を感じることはありませんが、確実にグレードアップすることができます。

 

 

走りの悩みを解決するならサドルやハンドルを交換

 

ロードバイクで走っていると、お尻が痛くなったり、ハンドルがしっくりこなかったりすることってありますよね。

事実、お尻の痛みに悩むサイクリストは多いですし、ハンドルの形状も体格によって合うもの合わないものがあります。

もし、ロードバイクに乗る中で、こういった悩みがあるなら、サドルやハンドルの交換をおすすめします。

お尻の痛みがひどいなら、今よりも柔らかい素材を使用したサドルに交換したり、レースを意識した走りをしている人なら、軽い素材でできたカーボンサドルなどもおすすめです。

 

 

 

ハンドルにも形状から幅まで、様々な種類があります。

ご自身のロードバイクにしっくりきていない感じがあるなら、ハンドルの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

安く見た目を変えることができるパーツもあります

 

ここまでは、主に走りの質に関するカスタマイズが主でしたが、ロードバイクのカスタマイズはその一方向だけではありません。

ロードバイクの見た目を大きく変えることができるパーツもあります。

例えば、バーテープを交換するだけで、ロードバイク全体の印象を変えることができます。

 

 

その他にも、細かいパーツを交換することで、ロードバイクのデザインを変化させることができますし、それらのパーツは基本的に安価で購入できますので、自分好みのデザインにしてみるのも面白いでしょう。

 

まとめ

カスタマイズを繰り返すことで、世界に1台しかない自分だけのロードバイクを作り上げることができますし、やればやるほど愛着も増してきます。走る中で、欲が出てきた方や、悩みのあるかたは、ぜひ一度カスタマイズをやってみてください。

関連記事