【体型カバーにも】サーフブランドのおしゃれなラッシュガードが欲しい!

Greenfield

【体型カバーにも】サーフブランドのおしゃれなラッシュガードが欲しい! 出典 Seea FB

たかがラッシュガードと侮るなかれ。日焼け防止に必須のアイテムなだけに、実は水着よりも見られている!?ならば、オシャレなラッシュガードをゲットして、まわりに差をつけちゃいましょう!今回は、人気のサーフブランドからイチオシのラッシュガードをご紹介します♪

Seea(シーア)

出典 Seea

 

サーフカルチャーの発信地である南カリフォルニアの人気ブランド。

サーフィンを楽しむ女性のためのシーアのウェアは、かわいいだけじゃなく、サーフ中の悩みを解決するさまざまな工夫が施されています。

2011年にスタートして以降、シックなデザイン性と機能性でファッション・カルチャー誌にも数多く取り上げられている注目ブランドです。

中でもラッシュガードはファンが多い製品。

生地が厚めでサポート力がありつつ、高い伸縮性で着心地バツグン。

また、50年代ヴィンテージからインスパイアされたデザインも魅力的です。

大人の女性がおしゃれに着こなすことができますよ。

 

BEAMS WEB SHOP Seea販売ページ

 

 

ROXY(ロキシー)

出典 ROXY.jp

 

90年代からサーフカルチャーの第一線を走り続けるROXY。

安定の機能性で、多くのトップライダーから支持されています。

ファッション性も高く、水着やラッシュガードの他に、ビーチサンダルやアパレルの種類も豊富で、トータルコーディネートが可能です。

ラッシュガードのおすすめは、着脱しやすいパーカータイプ。

シンプルなデザインなので、ウォーターアクティビティ以外にも、ワークアウトやレジャーシーンで活躍します。

袖はサムホール付きで手の甲までカバーでき、UPF50+なので安心です。

 

 

 

BILLABONG(ビラボン)

 

1973年、オーストラリア・ゴールドコーストで生まれた老舗サーフブランド。

アーバンなデザインと高い機能性が魅力で、数々のアーティストとコラボラインも展開しています。

サーフガールのためのカプセルコレクションは人気のラインで、今シーズンは遊び心あふれる70’sなアフリカンカレイドスコープ柄と、大胆な2色使いの幾何学模様がフューチャーされています。

着丈長めのラッシュパーカーは、個性的なデザインでビーチの注目の的になることまちがいなし!

光沢を抑えた高級感のある生地はUPF50+をキープ。

袖はサムホール付きで手の甲もガードし、チンガードは顎にジッパーが当たる不快感を抑えてくれます。

 

 

 

patagonia(パタゴニア)

 

今やファッションブランドとしても大人気のパタゴニアもカリフォルニア生まれ。

「ビジネスを手段とし、環境危機の解決に向けて実行する」というミッションステートメントに基づき、天然ラバーのウェットスーツや、フェアトレードのスイムウェア、ボードショーツを販売しています。

今季のパタゴニアのサーフ製品は、大人女子にぴったりの、かわいくてカッコいいデザインが揃っていますよ。

特におすすめのラッシュガードは、切り替えデザインがスリムに見せてくれる効果アリ。

UPF50+で、長袖と高めのクルーネックはしっかり紫外線をガードしてくれます。

体に沿ってフィットするのに、締め付け感がない着心地も◎。

 

 

 

op(オーシャンパシフィック)

出典 op

 

1960年代にサーフギアブランドとして誕生したオーシャンパシフィック(op)は、1970年代以降、サーファーのニーズに応え、アパレルブランドとして進化を遂げました。

ビーチからストリートまで多彩なアイテムを生み出し、コーデュロイショーツやオープンカラーのサーフポロなどは、シグネチャーアイテムとして現在でも愛され続けています。

そんなopのラッシュガードのおすすめは、Tシャツ感覚で着れるタイプ。

ゆったりとしたシルエットなので、体型カバーにも役立ちます。

シンプルなグラフィックでどんな水着にも合わせやすく、海やプール以外にも活躍してくれますよ。

リーズナブルなところも高ポイントです♪

 

op WEB SHOP

 

 

まとめ

水着だけじゃなく、ラッシュガードもこだわりたい!という方には、サーフブランドが断然おすすめ。着心地や機能がバッチリなうえに、デザインが凝っているものが多いですよね。是非、この記事を参考にして、お気に入りの1着を見つけてください♪

関連記事