マウンテンバイクを始めたなら必ず身に着けておきたい「基礎テクニック」

Greenfield

マウンテンバイクを始めたなら必ず身に着けておきたい「基礎テクニック」

マウンテンバイクを始めた人の中には、今まで普通の自転車にしか乗ったことがない人もいるでしょう。マウンテンバイクのようなスポーツサイクルは、一般的な自転車と比べても乗るのが難しく、軽い気持ちで乗っていると危険な目にあうこともあります。安全に楽しくマウンテンバイクデビューするためにも、基本的な乗り方は身に着けておきたいですよね。今回は、マウンテンバイクを始めたなら、身に着けておきたい基礎テクニックを紹介します。

発進と停止

 

自転車の基本は発進と停止です。

それはマウンテンバイクでも変わりません。

マウンテンバイクの場合、発進するときには、まずトップチューブにまたがり、片足をペダルに掛けて上死点に持って行きます。

その状態からペダルを漕ぎだし、動きだしたタイミングで反対の足をペダルに乗せて進みます。

基本的な発進の手順はこのようになります。

普段ママチャリなどに乗っていると、片足をペダルに掛けて助走をつけるようにして乗る人もいますが、スポーツサイクルの場合、そういった乗り方はおすすめできません。

次に、停止についてです。

停止の大まかな手順は、①ブレーキを掛ける②足を着く、という感じです。

自転車のブレーキは、日本では右手が前輪、左手が後輪を止める仕組みになっています。

ブレーキは左右バランスよく、できれば左手を気持ち強めにかけるといいでしょう。

もし前輪にのみブレーキを掛けた場合、オフロードなどの不安定な地面では、後輪が浮き上がり、一回転してしまうこともあるので、注意してください。

ブレーキを掛けるときの乗車姿勢は、後ろに体重を掛けるイメージで、お尻を少し後ろに突き出してください。

そして、十分に減速してから、腰をサドルから浮かし、片足を着いて停車します。

普段ここまで意識して、自転車に乗っているでしょうか。

マウンテンバイクに乗るなら、こういった基礎的なテクニックがとても大切です。

 

 

 

走行テクニック①斜面の走行

 

マウンテンバイクは、山の中を力強く走っていくスポーツでもあるので、平坦な道だけを走るわけではありません。

むしろほとんどの道が斜面と考えてもいいぐらいです。

斜面には、上りと下りの2種類がありますが、それぞれに合わせた走り方を覚えましょう。

上りを走るときには、ギアを軽くして走ります。

お尻をサドルの前側に移動させ、一定のリズムでペダルを漕いでください。

よく上り坂で、力任せにペダルを踏む走り方をする方がいますが、それでは効率が悪く、疲れてしまうので、ペダルは踏むのではなく、回す意識を持って走りましょう。

下りでは、体重が前方に偏りがちになってしまうので、できるだけ後ろに体重をかける意識を持ってください。

そして、振動に対して、バランスをとって対応できるように、お尻を少し浮かせて、膝や肘でバランスを取るようなイメージで走ります。

ブレーキには、常に手をかけておき、いつでも減速できるようにしてください。

でも、前輪だけにブレーキを掛けるのはご法度です。

下りは特に前に体重がかかるので、前輪だけのブレーキはとても危険です。

 

 

走行テクニック②スラローム&一本橋

 

基本的な走行技術を身に着けるためには、バイクをコントロールする能力を養わなければなりません。

そのための効果的な練習として、スラローム走行と一本橋走行があります。

スラロームは、コーンなどを一定の間隔で直線上に並べ、その間をジグザグに走行する練習方法です。

速度が出ていない状態で、スラロームを走ると曲がるときの体重移動や、バイクコントロールの動きを練習できます。

コツはハンドルで曲がろうとするのではなく、体重を曲がる方向に傾けて曲がるようにすることです。

一本橋は、幅の狭い直線を走る練習です。

ただ、走り抜けるのではなく、この一本橋をできるだけゆっくり通ることで、マウンテンバイクに乗ったときの、バランス感覚を養うことができます。

 

 

 

走行テクニック③段差越え

 

マウンテンバイクは、他の自転車とは異なるシチュエーションで走るので、それに合わせた練習も必要です。

特に、オフロード走行では、道にできた段差や丸太などの障害物を超えて走ることもあるので、段差をうまく超える練習をしてください。

段差を安全にクリアするには、充分に減速し、段差に対して前輪の進入角度を直角にして、段差を乗り越える瞬間に、膝や肘をクッション代わりにして越えてください。

マウンテンバイクで走っていると、突然段差が現れることは多くあるので、段差を超える手順を練習で体に染み込ませておくといいでしょう。

 

 

 

まとめ

マウンテンバイクは、不安定な道を走ることが多い分、基本的な乗車テクニックを身に着けすための練習が必要です。地味なことばかりですが、今回紹介したものは、どれも安定したバイクコントロールを身に着けるために必要なので、意識しなくてもできるようになるぐらい練習しましょう。

関連記事