東京からすぐ行ける!自然豊かな伊豆大島で行われる「伊豆大島御神火ライド2018」に参加しよう

Greenfield

東京からすぐ行ける!自然豊かな伊豆大島で行われる「伊豆大島御神火ライド2018」に参加しよう 出典 伊豆大島 御神火ライド2018

東京から船に乗って、わずか1時間半で行くことができる自然豊かな島「伊豆大島」。青い海と雄大な三原山に囲まれた自然を満喫することができます。伊豆大島の目玉といえば、島の外周をグルっと一周できるサイクリングロードです。そんな伊豆大島ですが、ここでは毎年島全体を自転車で走る「伊豆大島御神火ライド」が開催されています。今年も開催が決定しており、エントリーも受付中です。今回は、「伊豆大島御神火ライド」の概要や注目情報を中心にまとめていきます。

「伊豆大島御神火ライド2018」の概要

 

「伊豆大島御神火ライド2018」は、2018年9月8日(土)に伊豆大島で開催されるサイクリングイベントです。

大会名に入っている「御神火」とは、伊豆大島にある三原山の河口から吹き出す炎のことを指しており、太古から幾度となく噴火を繰り返してきた島の歴史から、この名がつけられています。

この三原山は、島の人たちにとって畏敬の念を抱く存在です。

そんな、三原山と青い海に囲まれた伊豆大島を駆け巡ることができるのが、この「伊豆大島御神火ライド」です。

「伊豆大島御神火ライド2018」公式HP

 

 

 

 

「伊豆大島御神火ライド2018」のコースは2種類用意されています

 

「伊豆大島御神火ライド」では、実力に合わせて長短2種類のコースから選ぶことができます。

1つ目のコースは、「御神火チャレンジコース」というタイトルで、全長73㎞、獲得標高1434mの走りごたえのあるコースです。

伊豆大島の外周をグルっと1周したコースに加えて、三原山を一望できる山頂口へのヒルクライムが追加されたコースです。

最後のヒルクライムは、登坂距離6㎞、平均勾配9%のかなりの難関コースです。

距離はそこまで長くはありませんが、最後のパンチの効いた上りを考えると、ある程度の実力が必要なコースであることが伺えます。

2つ目のコースは、「大島ぐるっと一周コース」というタイトルで、名前の通り伊豆大島の外周をグルっと一周する全長46㎞のコースです。

距離は50㎞未満の短距離コースではありますが、伊豆大島は火山島ならではのアップダウンの多いコースとなっており、走りごたえは十分あります。

この2つのコースのうち、自分の実力に見合ったコースを選んで参加してください。

どちらのコースも伊豆大島も魅力を存分に満喫することができます。

 

 

「伊豆大島御神火ライド2018」のエントリー情報について

 

「伊豆大島御神火ライド2018」は、2018年9月8日(土)に開催されるイベントで、参加するには事前のエントリーが必要です。

エントリーは2018年4月20日(金)から7月30日(月)までです。

まだまだ時間には余裕がありますが、定員を満たすとエントリーが締め切られてしまいますので、参加を検討されている方は、お早目のエントリーがおすすめです。

参加費は、通常が8000円となっていますが、6月11日(月)までにエントリーされた方には早割キャンペーンとして、参加費が7000円になります。

また、複数名のチームでエントリーすると、参加費が割引になるお得なキャンペーンもやっています。

「伊豆大島御神火ライド2018」へのエントリーは、スポーツエントリー専門サイト「スポエン」から行うことができます。

「スポエン」

 

 

伊豆大島へのアクセス

 

伊豆大島へのアクセス方法は主に3つあります。

1つ目は、「高速船」で東京から伊豆大島まで1時間45分で到着します。

なお、高速船では自転車を持ち込むことができないので、宅配サービスなどを利用しなければなりません。

2つ目は、「大型船」で、東京から伊豆大島まで6時間で到着します。

こちらの大型船では、自転車の輪行が可能です。

自転車を乗せてゆったりとした時間を満喫したい方は、大型船がおすすめです。

3つ目は、「飛行機」で、東京から伊豆大島まで25分で到着します。

飛行機でも、自転車の輪行は可能ですが、手荷物料金が別途かかりますので、確認した方がいいでしょう。

 

 

その他にもイベント盛りだくさんです

 

「伊豆大島御神火ライド2018」の魅力はただ自転車で走るだけではありません。

サイクリングを楽しむだけではなく、イベントも充実しています。

例えば、自転車ロードレース解説者としてお馴染みの栗村修さんによる「生」”輪”生相談が開催されたり、協賛企業や地元企業などが出店したブースでの飲食を楽しむことができます。

サイクリングを楽しんだあとは、疲れた体を癒しながら、最後まで伊豆大島を楽しんでください。

 

 

まとめ

伊豆大島は、アジア選手権自転車ロードレースが開催されたこともある自転車ロードレースの聖地。そんな土地を丸ごと駆け抜けることができるイベントが「伊豆大島御神火ライド2018」です。エントリーはまだまだ受け付けておりますので、興味のある方はぜひ参加を検討してみてください。

関連記事