プロのスピードを生で体感!日本で開催される主な自転車ロードレース

Greenfield

プロのスピードを生で体感!日本で開催される主な自転車ロードレース

日々ロードバイクに乗っていると、プロの選手の走りを映像で見るたびに、その凄さがヒシヒシと伝わってきます。そんなプロの走りを見せつけられると、生でそのスピード感を体験してみたくなりますよね。今回は、日本で開催されるプロの自転車ロードレースを紹介します。日本各地で熱いレースが開催されているので、皆さんも興味があれば、ぜひ観戦に訪れてみてください。

ジャパンカップサイクルロードレース

 

自転車の街「栃木県宇都宮市」で、毎年10月中旬に開催されるレースで、日本最大級の自転車ロードレースと言われています。

大会は、1日目に短い周回コースを走る「ジャパンカップクリテリウム」が行われ、2日目には、本格的な上り坂も含んだ「ジャパンカップサイクルロードレース」が開催されます。

2016年には、ファビアン・カンチェラーラ選手、2017年には、アルベルト・コンタドール選手が来日するなど、日本では中々見られない世界のトップで活躍するチームや選手がレースに参加することもあり、日本でもトップクラスのレースが楽しめます。

 

URL:ジャパンカップサイクルロードレース

 

 

ツアー・オブ・ジャパン

 

日本最大規模のステージレースといえば、この「ツアー・オブ・ジャパン」です。

毎年5月の下旬あたりに開催され、8日間でおよそ700~800㎞を走りぬく、本格的なステージレースです。

毎年、大阪府の堺市からスタートし、「京都ステージ」「いなべステージ」「美濃ステージ」「南信州ステージ」「富士山ステージ」「伊豆ステージ」「東京ステージ」と続き、レースの中で、大阪から東京までを横断する、まさに「ツアー・オブ・ジャパン」という名にふさわしいレース。

日本で観戦できる1週間規模のステージレースは、この「ツアー・オブ・ジャパン」だけです。

 

URL: ツアー・オブ・ジャパン

 

 

全日本選手権自転車競技大会 ロードレース

 

こちらはプロのレースの中でも、自転車ロードレースの全日本選手権です。

毎年開催場所が異なるのですが、2018年は島根県益田市が開催場所になっています。

このレースに勝利した選手は、日本のチャンピオンの称号が得られるだけではなく、1年間「ナショナルチャンピオンジャージ」を着て、あらゆるレースに出場することができる特典もあります。

日本一の座を掛けた戦いということもあり、他のレースとは一味違う雰囲気のレースで、毎年熱い戦いが繰り広げられます。

 

URL:全日本自転車ロードレース選手権大会

 

 

ツール・ド・栃木

 

2017年に創設され、今年で2回目を迎える比較的若いレースです。

栃木県内で行われる3日間に及ぶステージレースで、UCI(国際自転車競技連合)の公認も受けています。

このレースの特徴は、1日目のタイムトライアルを除いて、残りの2ステージはワンウェイコースとなっている点です。

日本で開催される自転車ロードレースの多くは、道路規制の関係で短い周回コースが主流でした。

しかし、本場のヨーロッパを見てみると、スタートからゴールまでを1本の道で繋ぐワンウェイコースが中心です。

そんな本場ヨーロッパのレースに近づくために、自転車に熱い栃木県でこのようなレースが開催されました。

本場のレースのような、ダイナミックなレース展開を楽しむことができます。

 

URL:ツール・ド・栃木

 

 

Jプロツアー

 

Jプロツアーは、JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)が主催する日本の実業団レースのシリーズ戦です。

毎年2月から10月にかけて、日本全国を舞台に全22レースが開催されます。

各レースの白熱した戦いはもちろんですが、年間を通した総合優勝も争われるため、一つ一つのレースで、選手たちの熱い争いを見ることができます。

日本全国でレースが開催されるので、一番見に行きやすいレースかもしれません。

 

URL:Jプロツアー

 

 

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

 

世界最大の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠したクリテリウムレースが、毎年埼玉県で11月に開催されます。

毎年、「ツール・ド・フランス」で活躍した選手たちが、来日してレースで走る姿を観戦できるイベントで、参加選手の豪華さでいえば、断トツで日本一です。

「ツール・ド・フランス」総合優勝の証、「マイヨ・ジョーヌ」を着た選手を日本で見られるのは、このレースだけでしょう。

東京からもアクセスがいい場所での開催となるので、とても行きやすいレースですし、世界のトップレーサーたちが間近で見られます。

また、レースだけではなく、選手との交流や各種イベントも同時に行われており、様々なコンテンツを楽しむことができるイベントです。

 

URL:ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

 

 

まとめ

自転車ロードレースは、ヨーロッパが本場。日本ではまだまだマイナースポーツの部類に入りますが、国内でも今回ご紹介したような、見ごたえのあるレースが数多く開催されています。自転車好きなら、プロのスピード感を生で見て、その凄さを改めて感じてみてください。

関連記事