GWからシーズンイン♪ホワイトウォーターって!?北海道のおすすめラフティングツアー

Greenfield

GWからシーズンイン♪ホワイトウォーターって!?北海道のおすすめラフティングツアー

みなさん、ゴールデンウィークの予定はもうお決まりでしょうか?今年の連休は上手に休み(有給?)を活用すれば、「9連休」になりますね。今年は少し足を伸ばして、北海道でラフティングなんていかがでしょうか。今回は、北海道のおすすめラフティングツアーをご紹介します。多くの雪解け水とともにシーズンインとなる北の大地で、思いっきり楽しみましょう!

ラフティングって何?

ラフティングとは、ゴムボートに乗り、5〜6人でホワイトウォーター(激流)を下るアウトドアスポーツです。

日本では、1980年代から大学生の探検部が活動の幅を広げるために使ってきました。

日本全国でレジャーの一環として始まったのは、1990年代からだと言われています。

2000年代に入ると、日本各地の河川でラフティングができるようになり、様々なメディアで報道されるようになりました。

ラフティングで有名な河川には、尻別川、空知川、沙流川、利根川、吉野川、荒川などがあります。

現在では、地域の重要な観光資源にもなっています。

 

 

ラフティングをする時の服装&持ち物は?

 

夏期は、Tシャツ、短パンなどでOKですが、ゴールデンウィーク頃の北海道はまだ肌寒く、水温も低いため、体が濡れないようにツアー会社がドライスーツとブーツを貸し出してくれます。

ドライスーツは防水なので服が濡れることはほとんどありませんが、万が一のことも考えて、ドライスーツの中は濡れてもいいジャージやスウェットなどを着用しましょう。

 

ただし、顔や髪の毛などは水しぶきでびしょびしょに濡れるので、タオルを必ず持参してください。(レンタルもあります。)

女性の方は、メイク直しの道具なども持っていったほうがいいですね。

 

 

ラフティングをするなら北海道!

 

ラフティングと言えば群馬県の水上、徳島県の吉野川が有名ですが、実は北海道も盛んなんです。

北海道のシーズンはゴールデンウィークから10月下旬まで。

北海道の4〜5月といえば、水温がまだ5度位で、1分も水の中には入っていられません。

この時期はホワイトウォーターと言われるシーズンで、水の流れが1年間で一番激しく、最も楽しめる時期だと言われます。

今回は、大自然を満喫できるオススメのラフティングツアー会社を厳選して紹介します。

小学生未満(3歳から)のお子さんも参加できるツアー会社もありますので、家族旅行で一度経験してみてはいかがでしょうか。

もちろん、友達同士やカップルでも楽しめますよ!

 

 

富良野なら「どんころ野外学校」!

 

「どんころ野外学校」は北海道のラフティングツアー会社の先駆けです。

そして、スタッフの個性が強いのが何よりの特徴です。

元バックパッカー、元自衛官、元ログビルダー、元新聞記者…etc。

この会社のオフィスはログハウスなんですが、それもスタッフみなさんで作ったそうです。

オフィスの隣には宿泊施設(ログハウス)が併設されていて、ラフティング後に入る五右衛門風呂の気持ち良さと言ったら言葉にできません。

宿泊すれば、満天星空の中で五右衛門風呂も体験できます。

ラフティングで下る川は、北海道の中心を流れる空知川です。

空知川は源流にダムがなく、河岸も護岸工事が一切されていません。

原始の川・森がそのままの状態で残されていて、幻の魚「イトウ」が生息している数少ない川でもあり、多くの釣り人も訪れます。

源流部からスタートし、ホワイトウォーターやキラキラと輝く水面、マイナスイオンたっぷりの新緑と、ラフティングの魅力を存分に味わえるツアーです。

 

 

ニセコなら「NAC(Niseko Adventure Centre)」!

 

ニセコには蝦夷富士と呼ばれる「羊蹄山」をはじめ、たくさんの自然が溢れています。

街並みは多くのオースラリア人の移住により、まるで外国のようです。

「NAC」の代表ロス・フィンドレーもオーストラリア出身で、スタッフの多くは外国人。

いつもと違うガイディングを求めるなら、外国人インストラクターが多いNACに行ってみましょう!

陽気な雰囲気のインストラクターと下る川も、テンションが上がって楽しいこと間違いなしです。

 

ファミリーラフティング 3歳~参加可能

ラフティングといっても水しぶきがあがるようなところはなく、ラフティングボートに乗ってのんびり川遊びをするツアーです。安全に万全を期すために小学生未満のお子様1名につき、かならず保護者の方1名が同伴するようにしてください。家族みんなでのニセコでの川遊び、ステキな思い出になると思います。

出典 NAC

出典 NAC

出典 NAC

 

ラフティング後は、ニセコ連山の夏ゴンドラに乗ってスケールの大きな絶景を楽しみましょう。

ニセコアンヌプリ国際スキー場では、夏季にゴンドラを運行しています。

 

 

1000m台地展望台まで上がり、羊蹄山、昆布岳、眼下に広がる雄大な景色を満喫してはどうでしょうか。

川からとは違った景色に感動するはず!

ニセコの海外にも匹敵する大自然を体感してください。

 

 

鵡川なら「HOA(アウトドアアドベンチャーズ)」!

 

「HOA」は北海道の日高地方にあるラフティングツアー会社です。

沙流川&鵡川の雪解け時のラフティングは、絶叫マシーンじゃものたりない方にぴったりです。

それくらい激しい川下りを楽しむことができます。

この山に囲まれた日高町・千栄地区は観光地とはかけ離れ、自然以外は何もないところです。

日本最後の秘境とも呼ばれる日高山脈があり、遊びのフィールドとしてはとても贅沢です。

川で思いっきり遊んだ後は、近辺に旭山動物園や美瑛の丘があります。

 

出典 HOA

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今年のゴールデンウィークはぜひ北海道でラフティングにチャレンジして見てください!これからも北海道のおもしろいアクティビティをどんどん発信していくので楽しみにいていてくださいね!

関連記事