マウンテンバイクの醍醐味!オフロード走行に向けた準備や注意点を紹介します!

Greenfield

マウンテンバイクの醍醐味!オフロード走行に向けた準備や注意点を紹介します!

マウンテンバイクの醍醐味といえば、未舗装の山道や林道を力強く走ることですよね。しかし、マウンテンバイク始めたての人にとっては、いきなりオフロードで走るのは少々ハードルが高いと思います。舗装されていないだけに、様々な危険性が考えられるオフロード走行だからこそ、しっかりとした知識と対策を身に着けたいですね。そこで今回は、マウンテンバイクでのオフロード走行に向けた準備や注意点を紹介します。

マウンテンバイクでオフロードを走るときに持って行きたい物

 

まずは、マウンテンバイクでオフロードを走るために必要な準備を紹介します。

オフロード走行では、普段のサイクリングとは異なり、山の中を走るので、様々なことを注意しなければなりません。

例えば、山の中では電波が届かない、車やレッカーが入ってこれない、などが想定されます。

知識や危機意識が不十分のままオフロード走行を始めてしまうと、予期せぬ危険に遭遇するので、充分な準備が必要です。

では、マウンテンバイクでオフロードを走るときに、持っておきたい物を個別に紹介します。

 

① 応急処置セット

オフロード走行では、転倒によるケガや、木の枝などでの擦り傷、切り傷などを作ることがあります。

軽いケガは大前提として、応急処置に使える物を準備してください。

 

② 身分証やお金

山の中では何が起きるかわからないものです。

もしもの時のためにも、身元が確認できるものや、最低限のお金は持っておきましょう。

 

③ 水分や補給食

オフロード走行はかなり体力を消耗します。

消耗したままライディングを続行するのは危険ですので、水分や補給食を用意してください。

 

④ 自転車の修理グッズ

オフロード走行は、自転車にかなりの負荷がかかるので、突然タイヤがパンクしたり、その他車体のトラブルに見舞われる可能性があります。

替えのチューブや携帯空気入れ、マルチツールなど、トラブルに対応できる準備をしてください。

 

 

マウンテンバイクでオフロードを走るときに必要な装備や服装

 

次に、オフロード走行で必要な装備や服装について紹介します。

オフロード走行には、ケガのリスクがあるので、しっかりとした対策が必要です。

 

①ヘルメット、グローブ、サポーター

オフロード走行では、転倒の可能性が高く、転倒時に身を守るためにも、ヘルメット、サポーター、グローブを着けてください。

これを装着するだけでも、ケガをする可能性を低くできます。

 

②服装について

マウンテンバイク専用のウェアなども販売されていますが、どうしてもという訳ではありません。

最低限、肌が露出しておらず、動きやすい格好であれば、特にこだわる必要はありません。

また、ズボンに関しては裾がチェーンに巻き込まれる可能性があるので、体にフィットする物や、バンドなどで留めるなどして、対策してください。

 

 

3.マウンテンバイクでオフロードを走るときのマナー

 

オフロード走行にも守るべきマナーがあります。

自分の身を守るだけではなく、周囲の人の迷惑にならない楽しみ方を身に着けましょう。

 

① 自転車で走ってもいい場所を選ぶ

山道や林道などでは、自転車の持ち込みが禁止されている場所があります。

トラブルの元になりかねないので、事前に確認してください。

 

② ハイカーなどに配慮した楽しみ方を心がける

マウンテンバイクを楽しむ場所では、同様にハイキングを楽しむ人がいることがあります。

自分勝手に走っていては、こういった方々にとって迷惑な上に、心象も悪いでしょう。

同じ自然を楽しむもの同士、互いに快適さを保つためにも、マナーを心得た楽しみ方をしてください。

具体的には、道を譲る、スピードを出しすぎない、ドリフトなどのタイヤ痕はできるだけ残さない、などの配慮が必要です。

 

③ゴミは持ち帰る

当たり前ですが、ライディング中に出たごみは必ず持ち帰ってください。

オフロード走行を愛する気持ちがあるなら、キレイな自然を保つことを意識しましょう。

 

 

4.マウンテンバイクでオフロードを走るときの確認事項

 

マウンテンバイクでオフロード走行を楽しむ前に、事前に確認しておくべき情報があります。

 

①走るコースの計画は綿密に立てる

オフロード走行では体力を消耗します。

長時間のライディング、寄り道や無計画な走行はトラブルを招きます。

走る前に、どんなコースで走るのか、どれぐらいの時間がかかるのかなど、綿密なシュミレーションを事前にやっておきましょう。

 

②天候などもチェックが必要

雨の中での走行は危険を伴います。

また、夏場などの暑い日はより過酷です。

オフロード走行をするには、事前に天候や温度などをチェックして、見合った準備を心がけましょう。

 

 

まとめ

マウンテンバイクでのオフロード走行には、普通のサイクリングよりも注意点や準備が多いので、始めるハードルが高いかもしれません。しかし、ひとたび自然の中を走る面白さを体感すると、やみつきになること受けあいですので、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事