【自転車ツーリング】サイクリング×キャンプで最低限必要な装備を揃えよう!

Greenfield

【自転車ツーリング】サイクリング×キャンプで最低限必要な装備を揃えよう!

サイクリングをしながら、行った先でキャンプがしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、初めてのツーリングキャンプの場合、何を持っていけばいいのか見当がつかないと思います。今回は、初めて自転車でのツーリングキャンプにチャレンジする方向けに、サイクリング×キャンプで最低限持っていきたい装備をまとめました。是非参考にしてください。

サイクリング×キャンプの最低限の装備① テント

 

キャンプをするにはテントを外すことはできません。

まずは、テントを用意するところから始めましょう。

サイクリングでキャンプをする場合には、一般的なキャンプで使われるようなテントではなく、自転車で走ることも考慮して、軽量でコンパクトに収納できるテントを選んでください。

 

mont-bell(モンベル) U.L.ドームシェルター 1

 

サイクリング×キャンプの最低限の装備② シュラフ

 

シュラフとは寝袋のこと。

サイクリングに布団を持っていくわけにはいきませんので、シュラフも必須の道具です。

シュラフを選ぶときは、シュラフの形と対応温度などを比較して購入するものですが、サイクリング×キャンプの場合はこれに加えて、畳んだときにコンパクトなものを選ぶと走行時に邪魔になりません。

自転車に乗せて運ぶ以上、荷物がコンパクトであればあるほど移動は楽になりますので、コンパクトさは特に意識してみてください。

 

mont-bell(モンベル) ダウンハガー800

 

 

 

サイクリング×キャンプの最低限の装備③ マット

 

テントとシュラフがあれば野宿は完璧かというと、そうではありません。

テントに直接シュラフを置いただけでは、地面に体温を奪われてしまい、せっかくのシュラフの保温力を発揮できません。

また、朝方の湿気でシュラフが浸水してしまったり、地面の硬さや凹凸などによって体が痛くなってしまうことも。

起きたときに体が痛いと、翌日のサイクリングにも影響を及ぼします。

そのため、テントとシュラフ以外に、必ずマットを購入しましょう。

マットは、テントの床面とシュラフの間の断熱材の効果を担ってくれます。

また、地面の凹凸から体を守ってくれるので、快適な眠ることができますよ。

安く手に入る銀マットでも代用できますが、かなりかさばってしまいますので、空気を入れて使用するエアーマットやインフレーターマットなどを選ぶことをおすすめします。

 

エアーマット Hikenture

 

 

 

サイクリング×キャンプの最低限の装備④ ランタン

 

一夜を外で過ごすときに、灯りがないととても不便です。

キャンプ用のランタンや、ヘッドライトを持っていきましょう。

自転車にもライトはついていますので、代用してもいいかもしれませんが、広範囲を照らしてくれるランタンが一つあるだけで、夜の利便性は大きく変わってきます。

 

ソーラーパフ クールブライト

 

 

サイクリング×キャンプの最低限の装備⑤ 雨具

 

サイクリング時においても、キャンプ時においても、急な天候の変化に対応するためには、レインウェアなどの雨具は必携です。

また、レインウェアは天候変化だけではなく、気温が下がってきたときにウインドブレーカーとしても使うことができます。

風を通さないだけでかなり温かく感じるはずです。

 

mont-bell ドライテック レインウエア

 

サイクリング×キャンプの最低限の装備⑥ 着替え

 

サイクリングをすると必ず汗をかきますが、その状態で1日中過ごすのは不衛生です。

また、汗が冷えることによって体温を下げてしまい、低体温症を引き起こす原因になります。

快適にキャンプができるように、着替えを何着か持っていきましょう。

 

mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ

 

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

ロードバイクで旅に出よう!ロードバイクでキャンプ用品を運ぶためのおすすめキャリア5選

 

まとめ

サイクリング×キャンプで必要な装備についてまとめてみました。今回ご紹介した装備は本当に最低限ですが、この装備さえ整えば、とりあえずツーリングキャンプに行くことができます。キャンプにこだわりのある人や、もっと色々なことがしたいと思っているのであれば、これ以上の装備が必要となりますが、ちょっと興味があるという人は、これだけ揃えればOKですので、ぜひ挑戦してみてください。

関連記事