SWIX スウィックスのベースレイヤーは冬ランに使えるか?!サイズ感から使用感まで徹底レビュー

Greenfield

SWIX スウィックスのベースレイヤーは冬ランに使えるか?!サイズ感から使用感まで徹底レビュー

知る人ぞ知る万能ベースレイヤー、SWIXのRace X Bodywearシリーズ。クロスカントリースキー選手のために作られたベースレイヤーで、寒い時期の運動量の多いスポーツに適しているんだそう。モニターとして実物を試せるチャンスを頂いたので、実際に着用し、冬場のランニングで使えるかどうか試してみました。

デザイン・着心地

今回は、Race X Bodywearのトップスとボトムスを試させて頂きました。

まず手に取って感じたのは、今までに触ったことの無い肌触り。

ポリエステル100%のベースレイヤーというと、やけにツルツルしていたり、ガサガサしていたりするものですが、こちらは滑らかながらもコットンのようにナチュラルな質感です。

また、トップスの背面部のカラーが切り替えになっているデザインや、ステッチのアクセントもセンスが良く、1枚で着ても見栄えします。

シンプルなボトムスも、ニットタイツのようでかわいいです。

着心地は非常にサラッとしていて、縫い目があたる感覚も無く、ストレスフリー。

伸縮性が高いことに加え、手首と足首のリブが狭く、ピタッとフィットしてくれるのもいいですね。

レイヤリングするときに袖がまくり上がることがなく、ソックスを重ねるときも足首まわりがゴワゴワしないので快適でした。

 

サイズ感

身長163cm普通体型で、上下ともにレディースのXSサイズを着用しました。

手に取ったときは小さいかも…と思いましたが、着てみるとかなり伸縮するので、フィットしていい感じです。

トップスは、肩幅がある方は少し肩がキツいと感じそうなので、もうワンサイズ上げた方がいいかもしれません。

ボトムスも細いので、太ももが張っている方やおしりが大きい方はワンサイズ上げてちょうどいいと思います。

 

ランニングでの使用

寒冷地での運動量が多いスポーツに最適ということだったので、冬のランニングに使用してみました。

この日の気温は8℃程です。

レイヤリングは、Race X Bodywear上下に、フリース、ウィンドブレーカー、化繊のショートパンツ。

走り始めはいつもと変わらなかったのですが、体が温まってきて汗をかき始めると、威力を発揮してくれました。

ムレ感が少なく、たくさん汗をかいてもドライな着心地を保ってくれて、イヤな張り付きもありません。

こんなに薄くて軽いのに、本当に保温力があるのかな?と思っていましたが、運動中は寒いと思いませんでしたし、休憩時も汗冷えしにくかったです。

ただし、ボトムスは止まっているとき冷えたので、この気温ならウィンドブレーカーパンツを重ねた方がよかったですね。

適度な保温力で熱くなりすぎないので、運動量の多いスポーツ向けというのも納得。

洗濯後もすぐに乾いてくれたので、出番が多いときでも安心です。

 

その他の使用シーン

薄すぎず、厚すぎず、程よい保温力のベースレイヤーなので、いろいろなシーンで活躍してくれそうです。

スキーやスノーボード、スノーシューなどのウィンタースポーツにはもちろん、トレッキングやサイクリングにも快適そう。

UV加工やUPFの表記が無いので、夏山など1枚で着る場面では注意が必要ですが、半袖のベースレイヤーを着るよりは日焼けもしにくいと思います。

濡れてもすぐに乾いてくれるので、カヌーやSUP、渓流釣りなど、水辺のアクティビティのベースレイヤーとしても使えそうですね。

デザインがかっこいいので、スポーツジムでも使ってみたいです。

 

ワックスだけじゃない!?世界的北欧ブランドSWIX(スウィックス)のベースレイヤーがかなり使える!

まとめ

軽量、速乾性、適度な保温性で、まさに万能に使えるベースレイヤーだと感じました。また、単純に着心地がよく、1枚で着られるデザインというところも好評価です。あとは耐久性がどれだけあるかに期待ですね。価格と性能のバランスも良く、いろいろなスポーツを楽しまれている方におすすめしたい1着です。

関連記事