パウダースノーを満喫♪バックカントリースキー&スノーボード!おすすめガイド付きツアー

Greenfield

パウダースノーを満喫♪バックカントリースキー&スノーボード!おすすめガイド付きツアー

きれいに整備されたゲレンデもいいけれど、自然の山の地形を楽しむ、バックカントリーも近頃人気で、気になります。でも、バックカントリーは準備が大変そう?相手は自然ですので、実際大変かもしれません!装備や知識に不安がある初心者でも、ガイドが一緒なら安心!初心者だからこそ、参加したいのがバックカントリーツアーなのです。

ゲレンデを飛び出そう!バックカントリーのすすめ

スキー場のコースは、雪崩やコース上の障害物など、毎日のパトロールや圧雪車で整備されています。

リフトに乗っていれば、山の頂上まで座ったまま行けて、管理されたコースを安心して滑走できるんです。

それなのに、わざわざ重い荷物を背負って、雪をかき分けて、息を切らして山を登って、滑り降りるのは1本か、多くても数本だけ・・・バックカントリーが人気なのは何故でしょう?!

山頂に登る達成感かもしれないし、山頂から眺める絶景かもしれないし、思いのまま自由に滑り降りるパウダースノーかもしれません。

自分の足で登るので、リフトのように、何度も同じコースを繰り返し滑走することができないからこそ、たった1本が尊いんです。

空の青と地面の白のコントラスト、風の音、春先には土の匂い・・・五感をフルに使って楽しめるのもバックカントリーの醍醐味かもしれません。

崖やツリーホールには要注意だけれど、自分だけのコース取りができます。

音楽は流れていないけれど、野鳥のさえずりはゲレンデよりも賑やかかも。

頂上まであと少し、の斜面では、聞こえるのは自分の心臓の音だけ!

スキー場では味わえない感覚が、バックカントリーにはあるんですね。

 

 

初めてのバックカントリーはガイド付きツアーで!

お楽しみがいっぱいのバックカントリーですが、ステージは自然です。

実際に使用する道具から、いざというときの道具まで、冬山登山に準ずる装備に加えて、滑走するための道具が必要ですから、バックカントリーは結構重装備になります。

足元はスノーシューか、ワカンか、それともスキーシールか・・・。

ただ歩くだけでも、状況によって様々な道具の使い分けが必要ですし、全てを自分で準備するのは大変です。

そこをカバーしてくれるのがバックカントリーツアーです。

コースの状況や天候に合わせた道具や、いざという時には必要だけれど、自分で購入するには高価なビーコンやゾンデ等のレンタル、使い方の指導もしてくれます。

バックカントリーでの遭難に多い道迷いは、地図が読めたり、GPSで常に現在地を把握していれば防げますが、わからなくなってしまうと、山には看板もありません。

現地に詳しいガイドなら、当日だけではなく前日までの天候も踏まえてコースの選択をしてくれるでしょう。

ガイド付きのツアーなら、雪山のノウハウを勉強しながら、バックカントリーを安全に思い切り楽しめちゃうのです。

 

 

おすすめガイド付きツアー

北海道編

出典 BC caravan

BC Caravan

ニセコ、モイワ、ルスツエリアで、ハイクアップなし、リフト使用で雪質最高、まっさらなパウダーを満喫できるという、まさに「いいとこどり」なバックカントリーツアーです。

木々の間を滑走するツリーランも楽しめるコースです。

 

POWDER COMPANY GUIDES 

ニセコエリアです。

ガイドメニューが豊富で、バックカントリー、やってみたいけどどうしたらいいのかわからない!という初心者向けのスペシャルツアーでは、装備の使い方からハイクのしかたまでレクチャーしてもらえます。

 

マウンテンガイドコヨーテ

その日の天候に合わせて、ニセコエリア内の、一番楽しめそうな山に案内してもらえます。

歩き・登り2時間程度のビギナー向けツアーもあり、道具のレンタルから、使用方法のレクチャーもあります。

 

東北編

 

IWATE BACKCOUNTRY GUIDES

バックカントリーの聖地、岩手八幡平エリアにて、山岳ガイドの資格を持つガイドが主催し、エントリークラス向けのツアーもあります。

 

田沢湖アウトドアツアー

田沢湖、秋田駒ケ岳エリアで、田沢湖スキーセンターをベースに、道具のレンタルもあり、初心者向けツアーもあります。

 

SLOPETACTIX

山形蔵王エリアで、名物スノーモンスターを眺めながらの2~3時間の行程の初心者向けツアーもあります。

 

 

関東甲信越編

出典:POWERZONE

 

POWERZONE

白馬エリアで、ハイクアップ1~2時間、ビーコントレーニング付きのBCライトツアーはバックカントリー未経験者の方も参加OKです。

 

WARP

谷川山系、みなかみ、武尊、かぐら等、首都圏から近いエリアで各種ツアーが充実しています。

ハイク0.5~1時間を1~2回の初心者向けのツアーもあります。

 

TRIFORCE

巻機山、平標山等、新潟県の山のバックカントリーガイドです。

特に、八海山ではこのツアーでしか入れないプライベートエリアをガイドしてもらえるとか!

 

 

中部近畿編

出典 LOOPLINE

 

LOOPLINE

奥美濃エリア、白鳥高原や高鷲をベースに、ハイク時間少なめの初心者向けツアーを開催しています。

話題のスプリットボードのレンタルもあり!

 

RYTHMWORKS

高鷲バックカントリーや水後山バックカントリーエリアで、標高差300M~400Mほどのコースをハイクします。

女性にも人気のツアーだそうです。

まとめ

バックカントリーでは、スキーやボードの滑走技術、登山の知識や技術や体力等、色々な条件が必要です。だからこそ、ツアーガイドに参加すれば、スキーやボードの上級者ではなくても楽しむことができるんです。もちろん、ある程度の滑走技術は必要です。どこでも滑れて止まれて横滑りできる、位になったら、一度ゲレンデを飛び出してみませんか。ステージは自然の山ということを忘れずに、ガイドの力を借りれば、バックカントリーを満喫できるでしょう!ハイシーズン~春先、残雪期、と表情を変える山々へ、バックカントリーツアーで訪れてみてはいかがでしょうか?

関連記事