ワックスだけじゃない!?世界的北欧ブランドSWIX(スウィックス)のベースレイヤーがかなり使える!

Greenfield

ワックスだけじゃない!?世界的北欧ブランドSWIX(スウィックス)のベースレイヤーがかなり使える!

いよいよ待ちに待ったウィンタースポーツの季節。はりきってウェアを新調したという方もいるのではないでしょうか。ウェアはもちろん大事ですが、外見ばかりにこだわって、インナーは適当なものを選んでいたりしませんか?スキーやスノボに限らず、アウトドアスポーツでは、ベースレイヤー選びがとても大切です。今回は数あるベースレイヤーの中から、ワックスでおなじみのSWIXがアスリートのために開発した「Race X Bodywear」シリーズをご紹介します。

SWIX(スウィックス)とは

「SWIX(スウィックス)」は、クロスカントリースキーの盛んなノルウェーに本社を置く、

ワックス・チューンナップ製品を中心に展開するブランドです。

 

創業は1946年、スウィックスはその当時、ノルウェーとスウェーデンで国家的スポーツとして普及していたクロスカントリー用のワックス研究開発に力を注ぎ、今までとは全く異なる素材を使用したワックスを発表しました。

 

その後、1948年のサンモリッツ冬期オリンピックで、スウィックスのワックスを使ったスウェーデン勢が、クロスカントリー競技すべての種目において金メダルを獲得。

 

その快挙によりスウィックスの知名度は急上昇し、北欧一のワックスブランドへと成長しました。

 

現在ではクロスカントリーのみならず、アルペンスキーやスノーボード用のワックスでもトップレーサー・ライダーから絶大な信頼を得ています。

また、1970年代からはスキーポールの開発にも注力。

それまで竹製のポールが主流だったクロスカントリー界に、初めてカーボン製のポールを発表し、革新を起こしました。

 

独自の技術により、軽量で頑強なカーボンポールを作り上げたスウィックスは、競技用ポールのブランドとしてもトップクラスで、現在日本のノルディック競技でも7割以上のシェアを誇っています。

 

 

 

クロスカントリー選手のためのベースレイヤー

スウィックスの製品は、ワックスとポール、チューンナップ用品だけではありません。

実はスポーツウェアやベースレイヤーなどのアパレルも展開しているんです。

 

 

特にベースレイヤーは、クロスカントリーやアルペンスキー選手など、運動量の多いスポーツでの使用を想定したもので、保温性が高く、汗を素早く逃がしてくれる優れた製品が揃っています。

 

 

ワックスと同じように、世界各地で行われるトップレーシングの現場で何度もテストされ、より高いパフォーマンスを発揮できるよう開発されているこのベースレイヤーは、アスリート間の口コミで広まり、スキー界以外でもファンが増えているそう。

 

 

素材はポリエステル100%ですが、実際に手に取ってみると、コットンのような優しい風合いです。

裏地側に凹凸を作り体との接地面を少なくすることで、汗を発散しやすい構造で、大量に汗をかいても不快な張り付きを軽減してくれます。

4方向に伸びるストレッチでどんな動きも妨げることなく、ストレスのない快適な着心地です。

薄くて軽いのにじんわりと温かいので、スポーツ時以外でも着ていたくなります。

防臭加工済みで、伝線もおきにくい仕様です。

 

 

ベースレイヤーのラインナップ

ベースレイヤーはメンズとレディースに分かれていて、基本的な構造は同じですが、カラーやフィットが異なります。

 

レースボディ

背中の部分が切り替えになっていて、ステッチのアクセントが効いていますね。

どちらも北欧ブランドらしいカラーリングで、センスがいいです。

レースパンツ

同素材のボトムスもフィット感抜群で、色々なシーンで使えそうですよ。

 

トップス、ボトムス共にサイズ感は日本のサイズより若干大きめ。

日本でMサイズを着ているなら、ワンサイズ落としてSサイズをおすすめします。

ベースレイヤーは大きめで着てしまうと本領を発揮できません。

SWIXのベースレイヤーは伸縮性が非常に高いので、ピッタリすぎ?くらいがベストですよ。

筋肉質な方や肉付きのいい方は、日本サイズと同サイズで大丈夫です。

 

 

どんなシーンで使える?

汎用性の高いSWIXのベースレイヤーは、様々なシーンで活躍します。

スキーやスノボだけでなく、運動量の多いカヌーやボート競技選手など様々なTOPアスリートに人気があるんですよ。

 

ラグランスリーブで縫い目が肩の上に無いため、トレッキングなどで使用してもザックに干渉することなく快適でしょう。

また、トップスは前よりも後ろ側が長いデザインになっていて、腰回りを温かくカバーしてくれますし、自転車などで前傾姿勢になるときにも、背中が出ることがありません。

 

1枚で着てもカッコいいデザインなので、冷涼な時期のランニングにも最適ですし、フィットネスクラブでの運動にも使えますよね。

 

寒い時期の釣りやキャンプにも良さそう。

どんなシーンでもフィットするSWIXのベースレイヤー、出番が多くなりそうです♪

 

販売情報

スウィックススポーツジャパン株式会社

 

 

 

 

 

 

 

 


モニターレビュー

SWIX スウィックスのベースレイヤーは冬ランに使えるか?!サイズ感から使用感まで徹底レビュー

 

画像提供:SWIX

まとめ

スウィックスのワックスは知っていたけれど、ウェアを出していたなんて知らなかったという人は多いのでは?スウィックスがトップアスリート達に厚い信頼を得ているのは、経験や理論だけでなく「結果こそすべて」という開発ポリシーがあるからこそ。そんな熱い思いを持ったブランドなら、ベースレイヤーも信頼できますよね。興味を持たれた方は、是非試してみてください!

関連記事