海外のスキーリゾートに行きませんか♪スケールも雪質もカナダのスキー場はパラダイス!?

Greenfield

海外のスキーリゾートに行きませんか♪スケールも雪質もカナダのスキー場はパラダイス!?

みなさんは海外のスキー場へ滑りに行った事はありますか?海外のスキー場は、日本のそれとはまた違った魅力に溢れています。北米大陸の北半分を占めるカナダは、その冷涼な気候から多くのスキー場が点在するウインタースポーツ大国です。今回はそんなカナダのスキー場の魅力の一部をご紹介いたします。

広さもコース数も日本とはけた違い!?

 

 

上のコースマップは、アルバータ州にあるカナダの最大級のスキー場のひとつであるレイクルイーズ・スキーリゾートのものです。

マップにフロントサイドと書いてあるのがわかるでしょうか?

実はこれ、全体図の一部でしかありません。

山の反対側にも広大なコースが広がっているのです。

スキー場のHPで見てみると、広さは1700ヘクタール、コース数は145+と書いてあります。

なんだかピンときませんよね?

そこで、日本では最大規模のスキー場のひとつである苗場スキー場のデータと比べてみました。

苗場スキー場のコース面積は196ヘクタール、コース数は22本です。

いかがでしょうか?

ちょっと信じられないくらいの大きさですよね?

これはさすがに計算方法の違いもあるのかもしれませんが、それにしてもカナダのスキー場の規模はけた外れだという事がわかります。

ちなみに、レイクルイーズスキー場の標高は最も高いところで2637mにもなります。

また他のカナダのスキー場も、日本のスキー場と比べ、より高い標高までリフトが架けられているため、とても長い距離を滑り下りてくる事が出来ます。

 

出典 Revelstoke

 

このマップはブリティッシュコロンビア州にあるレベルストークというスキー場のものですが、スキー場のてっぺんから一番下までの最長滑走距離は、なんと15.2kmにもなります。

この広大さを体感するためだけでも、是非一度訪れてみてほしいと思います。

 

 

冷涼な気候がなせる超ロングシーズン!!

カナダのスキー場のもう一つの素晴らしい点は、日本よりも高緯度に位置する事から年間を通して気温がはるかに低い事で、とても長い期間ウインタースポーツを楽しめる事です。

寒冷な地域では9月に町に雪が降る事も珍しくなく、11月の始めにはスキー場がオープンし始めます。

日本でも人工雪を造って11月にオープンするスキー場はいくつもありますが、カナダのスキー場ではかなりの高確率で、11月には天然雪のパウダースノーを滑る事が出来るのです。

 

 

また、内陸に位置するバンフ近郊のスキー場では、真冬の最低気温の平均が-15℃から-20℃以下になります。

日本に比べると降雪量は少なめですが、積った新雪は低い気温により良い状態で保存されるので、降雪後数日経ってからでも素晴らしいコンディションの雪を楽しむ事が出来ます。

さらに3月、4月でさえ最低気温の月間平均値は-10℃程になります。

そのため、日本では春スキーのシャバシャバの雪になっている頃でも、とても締まった良いコンディションで滑る事が出来るのです。

厳冬期を避けて、シーズン始めの11月や寒さの和らぐ3月~4月頃にカナダに滑りに行くというのもいいかもしれませんね。

 

 

文化の違いを楽しもう!

さてカナダと日本ではスキー・スノーボードの文化にも大きな違いがあります。

まずカナダでは基本的に自己責任の文化が根付いています。

リフト券の裏には大抵その事が明記されており、スキー場内で怪我をしても自己責任であるという事を承知して、皆ウインタースポーツを楽しんでいます。

そのため、安全への意識がとても高く、ヘルメットの着用率などはとても高いです。

反対に、スキー場内での過度なコース規制などはありません。

注意看板等で、この先崖や岩があります等の表示が出ている事はありますが、結構どこでも滑走可能であったりします。

 

 

上の写真は、先程のレイクルイーズスキー場の裏側(バックボウル)のマップですが、マップからもわかるように、基本的には山のほとんどの場所は滑走可能です。

緑色と青色の線で表示されたコースが初・中級者コースになりますが、それ以外の黒の菱形で表示された部分は全て上級者コースとして、自己責任のもと滑走が可能になっています。

もちろん、アバランチ・コントロールといって、スキー場のパトロールが雪崩対策等は行っていますが、日本では立入禁止になってしまうような危険なところも滑走する事が出来るので、上級者の方は安全に気を付けながら挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

また、陽気で気さくなカナディアン達との交流も楽しみの一つです。

カナダでは、リフトの相乗りなどではかなりの確率で会話が始まります。

是非恥ずかしがらずに、片言でもいいので会話を楽しんでみてください。

 

そしてアフタースキーの街歩きも醍醐味のひとつですよね。

有名なウィスラーなどでは、スキー場の麓が一大リゾート地になっているので、様々なレストランやバー、ショッピングを楽しむ事が出来ます。

またカナディアンロッキーにあるバンフも周辺スキー場のべースとして、滞在中に街歩きも楽しむ事が出来ます。

可愛らしい街並みは歩いているだけでワクワクしてきます。

スキー・スノーボードショップを覗いてみるのもおすすめです。

日本よりはるかに安い値段で買えるものや、日本では見かけないようなものも置いてあるのでとても楽しいです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?海外のスキー場というと、なんだか尻ごみしてしまうかもしれませんが、是非勇気を出して一度行ってみる事をおすすめします。日本とは違う素晴らしい景色やコースが、きっと「来て良かった!」と思わせてくれるはずです。次回はもう少し具体的に、おすすめのスキー場や行き方をご紹介します。

関連記事