北アルプスで登山の疲れが癒せる人気の名湯・温泉宿ベスト5

Greenfield

北アルプスで登山の疲れが癒せる人気の名湯・温泉宿ベスト5

北アルプスは火山活動によって形成されています。山登りをしていて尾根を越えると地獄谷の光景によく出くわすのはそのためです。火山の恩恵で山の奥深くには隠れた名湯がたくさんあります。今回はそんな名湯の中から実際に利用してぜひみなさまにおすすめしたい温泉をランキング形式で5つご紹介します。

ランキングベスト5 「亀ヶ谷温泉」

亀ヶ谷温泉は、立山の麓にある北アルプス立山の登山客がよく利用する宿泊温泉施設です。

大山町が管理運営している国民宿舎ということになっていますが、泉質がとても良く、まさに名湯そのもの。

多くの登山客に好評で、温泉が良いだけでなく、公営の国民宿舎ということで、お値段がとてもリーズナブルです。

広い駐車場があるので車でのアクセスに便利。

また、最寄り駅の富山地方鉄道の有峰口駅から1kmほどなので歩いて行ける距離です。

 

亀ヶ谷温泉

泉質:単純硫黄泉、非常に珍しい高いアルカリ性の泉質です。

住所:富山県富山市亀谷1-10

問い合わせ電話: 076-481-1301(代)

入浴料金:中学生以上610円、中学生以下310円

宿泊料金:1泊2食付き 8300円~

アクセス:富山地方鉄道有峰口駅より徒歩20分

 

 

 

ランキングベスト4 「黒薙温泉」

黒薙温泉は、4月の下旬から11月の下旬頃まで期間限定で営業している温泉旅館です。

突坂尾根ルート白馬岳を目指す登山客がよく利用する温泉宿。

黒薙温泉から突坂尾根を経て、突坂山猫又山清水岳旭岳から白馬岳まで縦走する登山コースがあります。

黒薙温泉は、江戸時代から隠れ湯として知られてきました。

江戸時代には越後や信濃に通じることから、加賀藩によって立ち入りが禁じられていたエリアで、密かな隠れ湯として近在の人たちが湯治に利用していました。

しかし、隠れ湯として利用していたことが発覚してしばしばお咎めを受けたという記録が残されています。

慶応4年(1868年)に加賀藩によって開湯が許され、現在に至っています。

 

黒薙温泉

泉質:弱アルカリ性単純温泉(低張性高温泉)

住所:富山県黒部市宇奈月町黒薙

問い合わせ電話: 0765-62-1802

入浴料金:中学生以上650円、中学生以下300円

宿泊料金:6畳2,160円(税込)8畳2,700円(税込)

アクセス:黒部峡谷鉄道トロッコ電車の黒薙駅より徒歩20分

 

 

 

ランキングベスト3 「中の湯温泉旅館」

中の湯温泉旅館は、上高地トレッキングの拠点として、また焼岳登山の基地として多くの登山客が利用している温泉宿です。

1915年(大正4年)創業という歴史ある山間の秘湯。

周辺は、焼岳火山群の1つであるアカンダナ火山の一角に位置しており、安房峠の中腹で行われていたトンネル工事が完成した後、移転する前の「中の湯温泉旅館」付近で水蒸気爆発が起こり、1998年に現在の土地へ移転しました。

穂高連峰が見渡せる絶好の眺望が魅力です。

 

中の湯温泉旅館

泉質:単純硫黄温泉

住所:長野県松本市安曇4467

問い合わせ電話: 0263-95-2407

入浴料金:大人700円、子供350円

宿泊料金:1泊2食付き 10,950円~

アクセス:JR松本駅よりバスで1時間15分(送迎サービスあり、バス停よりお電話ください)

 

 

 

ランキングベスト2 「祖母谷温泉」

祖母谷(ばばだに)温泉は、温泉宿というよりは1軒の山小屋という感じの風情のある秘湯です。

白馬岳や小旭日岳までの不帰岳避難小屋から清水岳を経由する登山コースの出発点(帰着点)として、登山家の間では有名な山小屋です。

温泉は山小屋周辺から湧出しており、祖母谷沿いに少しのぼった上流に「祖母谷地獄」があります。

祖母谷獄谷では、湧出する温泉と谷川の水を混ぜて手製の露天風呂が作れます。

温泉はもちろんですが、散策していると地球のパワーを肌身で感じることができます。

 

祖母谷温泉

泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)

住所:富山県黒部市黒部奥山国有林(祖母谷)

問い合わせ電話: 0765-62-1038

入浴料金: 500円

宿泊料金:1泊2食付き 8000円

アクセス:黒部峡谷鉄道欅平駅より徒歩約45分

 

 

 

ランキングベスト1 「みくりが池温泉」

みくりが池温泉は、標高2410mの地点にあり、日本で一番高い場所にある天然温泉です。

立山室堂を見わたせる展望温泉からの眺めは最高。

剣岳などの北アルプス登山の拠点として多くの登山客が利用しています。

また、温泉に入ることだけを目的にした観光客も多く、温泉ファンの間でも高く評価されている温泉です。

営業は春の4月15日から秋の11月25日までの期間限定となっています。

白い湯の花がいっぱい浮かんだ天然温泉で登山や日頃の疲れを洗い流してください。

 

みくりが池温泉

泉質:単純酸性泉 源泉掛け流し100%

住所:富山県中新川郡立山町室堂平

問い合わせ電話: 076-463-1441

入浴料金:大人700円、子供500円

宿泊料金:1泊2食付き 9,300円(入湯税込)

アクセス:室堂駅より徒歩15分

 

まとめ

今回は、登山の疲れが癒せる北アルプスの名湯をランキング形式でご紹介しました。火山が多い北アルプスには、隠れた名湯がたくさんあるので、登山のついでに秘湯巡りをするという楽しみもありますね。今回ご紹介するのは、筆者が実際に利用したことがある秘湯ばかりです。ほかにも素晴らしい温泉が山ほどありますが、その中でも特に良い温泉を5つ選ばせていただきました。どの秘湯も「地球って生きてるんだ!」ということが肌身で実感できる天然温泉です。

関連記事