【女子キャンプコーデ】トレンドを取り入れておしゃれに防寒♪秋冬の服装を本気で伝授します!

Greenfield

【女子キャンプコーデ】トレンドを取り入れておしゃれに防寒♪秋冬の服装を本気で伝授します! 出典 xma_ix21 instagram

秋から冬にかけては、女子の苦手な虫も少ないので、キャンプデビューするにはベストなシーズン。しかし、秋冬キャンプは昼と夜の気温差が大きく、朝晩はとにかく寒い!いったい何を着ていけばいいの?という初心者女子キャンパーさんへ、秋冬キャンプの服装の基本と、暖かく過ごすプチテクニックをお教えします!トレンドも取り入れて、オシャレキャンプを目指しましょう♪

秋冬キャンプの服装の基本その1~レイヤリング

秋冬は昼と夜、また外とテント内の寒暖差が大きいので、上下共にレイヤリング重ね着)が基本です。

特に女性は寒がりなので、秋に真冬並みの装備を持参しても大げさではありません。

基本のレイヤリングは、「ベースレイヤー」「ミッドレイヤー」「アウターレイヤー」の3レイヤー。

 

「ベースレイヤー」は化繊ウールのものを選びましょう。

アウトドアブランドのベースレイヤーは暖かく高機能ですが、その分値段も高いので、ヒートテックなどでもいいと思います。

靴下は断然ウールが暖かくムレにくいのでおすすめです。

 

 

ウールの靴下も高価ですが、足が寒いと眠れませんので、ここは少し奮発してください。

「ミッドレイヤー」は、リラックスできるセーターやフリースを。

キャンプの場合は、登山のように服装にそこまでシビアにならなくても大丈夫なので、着慣れているトレーナーでもいいでしょう。

フランネルシャツにフリースベストを重ねたりするのも調節しやすくていいですよ。

ボトムはコットンやウールのパンツで、伸縮性のあるタイプが動きやすくて◎。

細すぎず、中にタイツやインナーパンツを履けるくらいの太さのものを選んで。

裏起毛のスウェットは一見暖かそうですが、風を通して意外と寒いので、インナーパンツとして使ってください。

出典 columbia

 

アウトドアでの「アウターレイヤー」は、雨風をしのげるハードシェル(俗に言うマウンテンパーカー、レインウェア)を指します。

突然の雨の時に役立つだけでなく、1枚羽織ると風を通さないだけでかなり暖かく感じますので、必ず持っていきましょう

ハードシェル選びは初心者キャンパーにはハードルが高いですが、キャンプではハイスペックのものは必要ありませんので、好きなブランドや見た目、予算で選んでOKです。

また、秋冬のキャンプはこの3レイヤーの他に、化繊の綿入りジャケットやダウンジャケットが必須

これらは、アウターとしてもミドルとしても使える厚さ(薄すぎず厚すぎない)のものがおすすめです。

極度の寒がりを自覚している人は、真冬に着るアウターを持っていってもいいでしょう。

ちょっとかさばりますけど、寒いよりマシですよ。

この3レイヤーまたは4レイヤーに、ネックウォーマーニット帽ウールブランケットなどをプラスすれば、あったか基本コーデの完成です。

 

 

 

秋冬キャンプの服装の基本その2~焚火に注意!

寒い季節にする焚火は格別です。

暖を取るのはもちろん、焚火料理なども楽しく、キャンプのメインイベントとも言えます。

ただしこのとき、気をつけてほしいのが火の粉

 

「パチッ」と聞こえたときには、もうジャケットに穴が空いていた・・・なんてことはよくあります。

化繊素材は火に弱いので、コットンやウール素材の服の方がいいですよ。

ダウンは化繊の表地のものが多いですが、コットンの表地ものを選んだり、インナーダウンにして、上にウールのジャケットを羽織ったりすれば安心です。

もしくは、穴が空いても許せる値段のものを着るとかもアリかも・・・?

ただ、化繊は本当に燃えやすいので火傷には注意してくださいね。

また、焚火のときの服は、煤などで汚れても構わないもの、煙の匂いが付くので洗濯しやすいものがいいでしょう。

靴も同様に、皮のブーツなど燃えにくいものがおすすめです。

 

 

 

今年のトレンドファッションはキャンプ向き!?

アウトドアでも、流行を取り入れてオシャレに過ごしたい!と思いますよね。

実は今年のトレンドは、キャンプで使えるものも多いんですよ。

 

去年から引き続き流行中のビッグシルエット

フリースやセーターを大きめのサイジングで着ると、今っぽい着こなしになります。

ビッグシルエットはアウターが着れないので、ブランケットやストールに包まるスタイルで暖を取って。

また、トレンドのワイドパンツは中にたくさん重ね着できますので、普段履いているものがあれば使いましょう。

暖かくて秋冬らしいコーデュロイも今年のトレンドなので、取り入れてみては。

スマートフォンやリップクリームなどの小物は、流行のサコッシュに入れて持ち歩くと便利です。

 

 

 

普段も着られるものを選ぼう

キャンプだからって、アウトドアブランドでガチガチに固めなくていいんです。

むしろ、ちょっとだけアウトドアテイストを取り入れるぐらいの方が、オシャレでこなれて見えます。

 

オシャレ女子キャンパーは、普段着をベースに、ネイティブアメリカンを思わせるカウチンや、つばの大きいハットなどを上手に取り入れてアウトドア感を出していますね。

これからキャンプを始める方は、キャンプにハマるかどうかもわからないし、他のアウトドアスポーツもやらないとなれば、高価なものを買う必要はありません。

キャンプに着ていくものは、ファストファッションでも十分に揃います。

普段でも、アウトドアでも着られるデザインのものを選ぶといいでしょう。

着たいもの、リラックスできるものを着るのが一番ですよ。

 

 

オシャレに防寒できる裏ワザ

寒いのは苦手だけど、ただただ厚手のものを着込んで着膨れるのはイヤですよね。

ちょっとした工夫をして、見た目を損なわず防寒しましょう。

 

ボトムがスキニー派には、寒くなったらスカートをプラスするのがおすすめ。

キルティングやフリース、ウールなど暖かい素材のものを選べば膝掛け代わりになり、スカートで女の子らしさも加わります。

また、カウチンやボリューミーなニットは、見た目は暖かそうでも風を通してしまうので、外だとちょっと寒いんですよね。

そんな時は、ニットの中にウィンドブレーカーを着るといいですよ。

 

 

アウターに使うイメージのウィンドブレーカーですが、中に着込むことで風を防いで、スポーティーさも抑えられます。

アウターを着にくいビッグシルエットトップスにも使えるワザなので、試してみてください。

あとは見えないところに、ホッカイロを貼りまくって乗り切りましょう~!

 

まとめ

秋冬のキャンプは寒ささえ解決できれば、とても快適に過ごせます。空気が澄んでいて星も綺麗に見えますので、寒いからといってテントに引きこもってしまってはもったいない!今回紹介したアイテムや小ワザを駆使して、おしゃれに防寒しましょう♪

関連記事