【女子キャンプ】秋のグランピングは防寒必須!何着ていけばいい?の疑問にお答えします♪

Greenfield

【女子キャンプ】秋のグランピングは防寒必須!何着ていけばいい?の疑問にお答えします♪ 出典 yuriexx67 instagram

メディアやSNSで話題のグランピング。女性だけでも無理なくアウトドアを満喫できるとあって、この秋は女の子だけでグランピングしよう!と計画している人もいるのでは?でも、初めての場合は、グランピングって何を着ていけばいいの?普通のキャンプと同じような格好じゃなきゃダメ?と、悩んでしまいますよね。特に秋のキャンプは、グランピングといえど寒さ対策は必須。今回は、防寒もおしゃれも諦めたくない、女子向けのグランピングファッションを紹介します!

秋のグランピングファッションのポイント

グランピングでは、通常のキャンプとは違い、テント設営火おこしなどの作業をする必要がありません。(施設やプランによって必要な場合もあります。)

あまり服が汚れる心配がないので、基本的に普段の服装で大丈夫です。

ただし、いくら普段着でOKといっても、さすがにヒールの靴や露出が多いファッションはNG。

 

グランピングの目的は自然の中でリラックスすることですから、締め付け感のある服や、ミニスカートなどは避け、ゆるりとくつろげるファッションがいいでしょう。

リゾート感のあるグランピングなら、ふんわりとしたロングスカートやトップスで、グランピングムードが高まるボヘミアンスタイル

山の散策なども含めたグランピングなら、楽チンなスウェットパンツで、流行のスポーツミックススタイルなどがおすすめです。

 

また、秋のグランピングは昼と夜の寒暖差が激しく、標高が高いキャンプ場だと、夜は真冬のような寒さになることもあります。

焚火を囲みながらお酒を飲み、気のおけない女友達との語らう時間はグランピングの醍醐味。

寒さに耐えられずあえなく就寝…なんてことにならないよう、しっかり準備していきましょう。

 

必ず持っていって!寒さ対策アイテム

夜の寒さに備えて、昼間の服装の上に羽織れるフリースや薄手のダウンを持参してください。

できれば風を通さないものだと、より温かくていいですね。

 

こちらは防風で暖かいパタゴニアの定番フリース。

デザインもかわいいのでおすすめです♪

 

 

普通のフリースの場合は、上にウインドブレーカーを重ねれば保温性が上がります。

また、ネックウォーマーやニット帽などのあったか小物もあると重宝しますよ。

ダウンなどであまり着膨れたくない!という方は、一番下に着るインナーを高機能のものにしてみてください。

保温性が高いものは価格も少し高いですが、1度着てみるとその暖かさに驚くはずです。

 

モンベルのジオラインシリーズはアウトドア愛好家の間では常識。

汗を素早く乾かして暖かい♪

出典 montbell

 

グランピングでは用意されているところも多いですが、寒い時に体を包むブランケットも1枚持っていきましょう。

それから、忘れずに持っていってほしいものが、貼るホッカイロ

お腹や腰に貼るだけで、長時間ポッカポッカです。

旅館やホテルの部屋に泊まる場合は必要ありませんが、テント泊の場合はとにかく足下が冷えるので、重ね履きできる厚手の靴下も持っていきましょう。

 

忘れがちな日焼け対策アイテム

夏だけじゃなく、秋でも日焼け対策の帽子はマスト。

つば広ハットやキャップなど、コーディネートに合わせて選びましょう。

目の保護のために、サングラスもあるといいですよ。

 

焚火をするときは化繊は避けて

 

焚火をする場合は、火の粉に気をつけなければいけません。

化繊のものは燃えやすいため、ボトムはコットンやウールなどの素材がおすすめです。

また、靴のチョイスも間違わないで。

筆者はスニーカーのメッシュ部分に火の粉が飛んで穴があいてしまったことが…。

火に強いレザーのブーツや、コットンのスニーカーがいいでしょう。

 

女子会が盛り上がる+αアイテム

 

服装以外にも、女子会グランピングなら是非持っていってほしいものが、色んな種類のファブリック

もともとオシャレなグランピングテントですが、ネイティブ柄のラグやファーのクッションなどで更にデコレーションすれば、写真映えすること間違いなしです!

寒い時に膝掛けにしたり、芝生の上に敷いてゴロゴロしたりと、実用的にも使えます。

そして、たくさんのキャンドルを持っていきましょう。

星と月の光り、キャンドルの明かりだけで過ごす幻想的な夜は、きっと忘れられない思い出になるはず。

LEDのタイプなら夜通しつけていても安心ですよ。

 

まとめ

せっかくのグランピング、快適かつオシャレに楽しみたいですよね。防寒と火の粉にさえ注意すれば、あとはいつも通りのコーディネートでOKです。また、何でも揃っているグランピングでも、プラスαでアイテムを持参すれば、もっと楽しくなりますよ。これで秋の女子会グランピングの準備は完璧ですね♪

関連記事