海の季節到来!ウィンドサーフィンを体験してみよう

Greenfield

海の季節到来!ウィンドサーフィンを体験してみよう

「乗るのが難しそう」「道具が大掛かり」というイメージから敷居が高く見えがちなウィンドサーフィン。実は穏やかな風の日であれば多くの人が1日で乗れるようになる、意外と難しくないスポーツです。道具は、スクールなどを開催しているショップでのレンタルすることもできますし、状態のいい中古品がショップやオークションに出回っており、想像以上に手を出しやすくなっています。今回はそんなウィンドサーフィンの始め方を、具体的にご紹介します。

ウィンドサーフィンの始め方

ウィンドサーフィンが全く初めての方は、初心者スクールを受講したり経験者から教わるなど、独学ではなく誰かから習うことをお勧めします。

道具のセッティングや操作の方法などは教わってしまえば難しくないですが、自分で調べながら手探りで身に着けるのは大変です。

少なくとも初めの2~3回は経験者から指導を受け、基礎的な操作と安全対策について身に着けるのがよいでしょう。

 

 

体験スクールを受講する

ウィンドサーフィンができる海岸の近くには、多くのウィンドサーフィンショップがあり、初心者向けスクールを開講しています。

道具やウェットスーツなどもレンタルできるため、手軽に始められます。

スクールでは波に揺られにくく安定している大きなボードと、扱いやすい小さなセイルなどスクール専用の道具を使うため、初めての人がウィンドサーフィンに乗る感覚をつかむのに最適です。

大抵のスクールがショップを併設しているため、道具の購入の相談や道具を置いておく艇庫を借りる相談などもできるでしょう。

 

 

知り合いに教えてもらう

身近にウィンドサーフィンの経験者がいれば、試しに一緒に海へ行ってウィンドサーフィンに乗せてもらうのもいいでしょう。

受講料もかかりませんし、気兼ねなく気になることを質問できます。

ただ、ウィンドサーファーでも教えるのが上手とは限らないので、一番初めは専門のスクールを受講する方が上達が早いでしょう。

スクールに何度か通って知り合いをつくり、自分の道具を手に入れた後は経験者から教わりながら上手くなっていくというのが最も一般的な始め方です。

長年ウィンドサーフィンをしている人は道具もたくさん揃えているので、使わなくなった道具を安く譲ってもらえることもあるかもしれません。

体験前に知っておきたいポイント

実際にウィンドサーフィンをする前に、注意しておきたいポイントをご紹介します。

ウィンドサーフィンは自然が相手のスポーツなので、良くも悪くも天気の影響を強くうけます。

初めてのウィンドサーフィンをいい思い出にするために、服装の準備と天気予報のチェックは怠らないようにしましょう。

 

 

 

服装

夏場でも、風が強くなると急に寒くなるので基本的にはウェットスーツを着ることをお勧めします。

ウェットスーツはほとんどのスクールでレンタルすることができます。

水着だけで海に入る場合は、日焼け防止のために薄手のTシャツかラッシュガードを用意しておきましょう。

あわせて、日焼けを防ぎたい方は帽子を被るのもおすすめです。

スクールを受ける場合は、ショップに事前に相談してみましょう。

春秋や冬場で気温や水温の低いときは、ウェットスーツより保温効果の高いセミドライスーツを着用することが多いです。

必要に応じて、防寒用のゴム素材のブーツをはく場合もあります。

天気

必ず事前にその日一日の天気予報を確認しましょう。

風向が海風(海から陸に向けて吹く風)で、風速3~5m/秒のコンディションが、ウィンドサーフィンデビューに最適です。

夏場で一日中晴れている日であれば、午前中は風が弱く、地表が温められる午後から海風がそよそよと吹いてくるという天気になる場合が多いため、最適なコンディションと言えるでしょう。

逆に朝から陸風(陸から海に向かって吹く風)が吹き荒れていたり、沖合を低気圧の通過が予想されているような予報の場合は海に出るのは避けましょう。

コンディションの良い日を選んで始めることで、ウィンドサーフィンを楽しみ風に乗る感覚を掴むことが、上達への一番の近道かもしれません。

都内近郊ウィンドサーフィン体験のおすすめスポット

 

 

鎌倉・材木座海岸

 

 

ウィンドサーフィンのメッカとも呼ばれる材木座海岸

遠浅になっており、波が高くないので初心者にとっても安心です。

ウィンドサーフィンがしたくて近くに移住する人もいるほど、ウィンドサーファーの聖地です。

地元のウィンドサーファーや大学生の練習の場となっているため、1年中たくさんのウィンドサーファーで賑わっています。

鎌倉駅から徒歩20分(バスで10分)ほどと都心からのアクセスも良く、初心者スクール艇庫も多いため、これからウィンドサーフィンを始める方におすすめの海岸です。

江ノ島東浜・江ノ島西浜

 

 

江ノ島の向かい側にある海岸です。材木座海岸同様、多くのウィンドサーフィンスクールがあります。

江ノ島が砂州で陸地とつながっているため、東浜・西浜ともに湾状になっており潮の流れや波が少なく初心者にとっても練習しやすい環境になっています。

何といっても、江ノ島の目の前で富士山を臨みながらのウィンドサーフィンは最高です!

近隣には江ノ島や水族館など観光スポットも盛りだくさんです。

三浦海岸

 

2017年の5月、ウィンドサーフィンワールドカップの会場になった三浦海岸

ワールドカップ会場に選ばれただけあって、一年中安定して吹く風に定評があります。

太平洋に向かって突き出ている三浦半島の突端近くに位置するため、湾の奥にある材木座海岸や江ノ島付近で風が無い時でも風が入ることがあり、「三浦マジック」と呼ばれています。

半島の地形の影響で砂浜と並行に風が吹く(サイドショア)ことが多く、練習しやすいコンディションになることが多い海岸と言えます。

最寄りは京急「三浦海岸駅」で、京急三崎口駅の一駅手間にあたります。

東京から訪れる場合は「みさきまぐろきっぷ」を買って、帰りにマグロ丼を食べて帰るのもお勧めです。

 

まとめ

今回はウィンドサーフィンの始め方を詳しくご紹介しました。暑くなってくるこれからの季節、風を切って涼やかに走るウィンドサーフィンを新しい趣味としてみてはいかがでしょうか。ウィンドサーファーは皆、ウィンドサーフィン人口が増えて業界がもっと盛り上がっていくことを望んでいます。どこの海で始めても、きっと初心者をやさしく受け入れ心から歓迎してくれることでしょう。ぜひ一度、気楽な気持ちで体験してみてください!

関連記事