子どもと作ろう♪キャンプでおいしい外ごはんの簡単メニュー♪

Greenfield

子どもと作ろう♪キャンプでおいしい外ごはんの簡単メニュー♪

子どもを料理デビューさせるのに、キャンプは絶好の機会です!非日常の空間だと、なぜか進んでお手伝いしてくれるんですよね。ちょっとしたお手伝いでも、自分で作った実感のある料理は喜んで食べてくれますよ。自然と食べ物に興味を持つようになり、食育もできちゃいます。今回は、子どもと料理をするときの注意点と、安全に楽しく一緒に作れるメニューをご紹介します!

子どものクッキングデビュー!注意点は?

子どもにお手伝いさせる作業は、年齢に合わせてください。

1〜2歳は、レタスなどの葉ものを手ちぎりするくらいならできますし、3〜4歳になれば、ピーラーなどの道具も使えるようになります。

ピーラーを使うときは、まな板に食材を置いて固定すれば手を切らないで上手に皮むきできますよ。

ハンバーグのタネやピザ生地をこねたりするのも進んでやりたがるはずです。

4歳以上なら、子ども包丁を使って野菜を切ってもらいましょう。

大人用の包丁は大きくて握りづらく、落としたりすると危険です。
必ず子ども用の包丁を用意してください。

子ども用の包丁は、小さめで握りやすく、先端が尖っていないので安全です。

大人の調理場とは別に、子どもが作業するスペースを作ってあげるといいですね。

キャンプテーブルを子どもの作業台にすれば、座りながら落ち着いて作業に集中してくれます。

子どもが作業しているときは、絶対に目を離さないこと。

親も他の作業をしていると、子どもから目が離れてしまうので、煮込み料理を煮ている間などに子どもともう1品作るようにすると、効率もいいですし見守っていられます。

刃物を使い終わったら、その都度ケースにしまい、きちんと片付けて。

トーチなど熱くなるものは、子どもの手に触れにくいところに置くようにしましょう。

子どもと一緒に作りやすい晩ごはんのおすすめメニュー

 

外で食べるごはんは何でもおいしい!ですが、自分で作るともっとおいしい!と思ってくれるはず。

子どもが大好きで、お手伝いしやすいメニューはこちら。

《メインメニュー》

バーベキュー

やっぱりキャンプといえばバーベキューですよね。野菜を切るのはお家でやっておき、子どもには串に刺す作業をやってもらいましょう。
ただし、串の取り扱いには十分注意してください。

 

カレー

子どもでも簡単に作れる定番メニュー。
料理デビューはカレーという子は多いかも?野菜は多少大きく切ってもおいしいですから、あまり口出しせずにやらせてみましょう。
ライスは無洗米を使うと時短になり、水も節約できます。

 

トマト煮込みハンバーグ

タネをこねこねさせてもいいですが、お家でタネを作っておき、当日は形成だけやってもらう方が時間がかからずおすすめです。ハンバーグは焼くだけでもいいですが、煮込みにするとソースを作る必要がなく、余った汁にパスタやごはんを入れてリメイクできますよ。

 

焼きそば

キャベツは柔らかいので子どもでも切りやすくおすすめです。包丁が使えない小さな子どもは、ちぎってお手伝いしましょう。もやしのひげを取ったり、盛りつけを手伝ってもらうのもいいですね。

 

ピザ

生地はできているものでもいいですし、余裕があれば粉からこねて作ってみましょう。好きな具材を乗せて、フタ付きフライパンで焼けばできあがり!スキレットで焼くとパリパリもちもちで最高においしいですよ。

 

《サイドメニュー》

 

即席豆腐

成分無調整豆乳とにがりを混ぜて、湯煎するだけ。実験みたいで子どもが喜びます。

 

焼きもろこし

子どもにはハケでお醤油を塗ってもらいましょう。あとは焼くだけのお手軽レシピです。

 

生春巻き

好きな野菜をまきまき。手づかみで野菜をたくさん食べられるので、小さい子どもにもおすすめです♪

朝ごはん&おやつのおすすめメニュー

《朝ごはん》

ホットドック ホットサンド

ソーセージやハム、野菜やチーズなどをパンに挟むだけ♪ケチャップなどをかける係をしてもらっても楽しそうです。

 

焼きおにぎり

おにぎりを握ってもらったり、ハケでお醤油を塗ってもらったり。焼きたてアツアツのおにぎりは、みんな大好きです!

 

《おやつ》

焼きリンゴ

芯をくりぬいた穴に砂糖やシナモンを入れ、アルミホイルで包みフライパンやコンロで焼きます。くりぬき器は100円ショップなどでも売られていて、子どもでも安全にくりぬけますよ。

 

焼きマシュマロ

串に刺して、炭火や焚火で焼くだけの、子ども大喜びのおやつ。火に近づけすぎると焦げるので、遠くでジワジワ焼くのがコツです。ビスケットにチョコレートと一緒に挟んでスモアにしても♡

 

 

くるくるバームクーヘン

アルミホイルを巻いた竹筒に、ホットケーキミックスを少しずつ塗りながら回し、炭火で焼いていきます。かなり地道な作業なので、子どもは途中で飽きてしまうかもしれませんが、最後までやりきればかなりの感動を味わえます!

 

まとめ

キャンプでのお手伝いがきっかけで、今まで嫌いだった野菜を食べるようになったり、家でも料理を手伝うようになったという子も多いそうですよ。刃物の扱いなどはハラハラすることもあると思いますが、なるべく自由にやらせてあげると、子どもに自信がつきます。大きな心で見守ってあげましょうね。

関連記事