【ファミリーキャンプ向け!】ファーストテントの選び方

Greenfield

【ファミリーキャンプ向け!】ファーストテントの選び方

キャンプといえばテント!といえるくらい、テントはサイトの顔となる大事な道具。価格も安くはありませんし、できれば失敗したくないですよね。今回は、テントの種類についての簡単な解説&これを買っておけば間違いなし!の、ファミリーキャンプにおすすめしたいテントを紹介します。

テントにはどんな種類があるの?

テントの構造は大きく分けて、シングルウォールとダブルウォールがあります。

シングルウォールは1枚の防水透湿性の生地でできているテントです。

登山やツーリングなど、荷物を軽量化したいシーンでよく使われます。

設営が簡単で、コンパクトに収納できますが、結露に弱く前室が無いことがデメリットといえます。

ダブルウォールはインナーの上にフライシートという防水シートをかぶせる2層構造のテントです。

本体とフライシートの間に隙間があることで結露に強く、前室に荷物を置けるので広い寝室を確保できます。

デメリットは設営がシングルウォールに比べ複雑なことと、コンパクトさに欠けること。

一般的にファミリーキャンプで使われるのは、こちらのダブルウォールテントです。

次にテントのカタチですが、数ある形状の中から、ファミリーキャンプでよく使われるものを3種類ほど紹介します。

 

・ドームテント

「テント」と聞いたらドーム型を思い浮かべるほど、最も定番の形です。

ゆったり過ごせて風に強く、初心者でも簡単に設営できます。大きさのバリエーションも豊富で、家族構成に合ったサイズを選べます。

また、ドームテントはダブルウォールのテントの中では比較的コンパクトに持ち運べます。

デメリットは、高さがあまりないので圧迫感を感じるかもしれないことと、夏場は熱がこもりやすいということ。

夏の使用をメインに考えているなら、ベンチレーション付きやメッシュが使用されているタイプを選んでください。

 

・ツールームテント

ドームテントの全室を大きくしたのがツールームテントです。

寝室+リビング空間が確保できるので、タープが不要になります。

必然的に大きくなるので、初心者だと設営が少し大変かもしれませんが、アシスト機能付きで1人でも設営可能なツールームもありますよ。

居住性が高く、悪天候のときも濡れることがありません。

寒さにも強いです。デメリットは大きいのでかさばる点と、風がある日は設営に時間がかかる点ですね。

 

 

・ティピーテント、モノポールテント

フェスなどでもよく見かける三角テントのことです。

クラシカルなデザインがオシャレで、近年人気が上昇しています。

ドームテントより軽く、ポールが1本だけなので収納時もコンパクト。

意外と耐風性もあり、設営も難しくはありません。

デメリットは中心にポールがあるので邪魔になる時がある点、キャノピー(ひさし部分)が無いと、出入り口から雨が入りやすい点など。

タープと組み合わせれば大丈夫です。

 

 

ファーストテントはドーム型を選んで

それで、結局何を買ったらいいの?と、悩んでしまいますよね。

ズバリ、おすすめはドーム型です。

簡単に素早く設営でき、風の影響も少ないドームテントは初心者にぴったり。

ほとんどのブランドで、ビギナー向けのドームテントが販売されているので、デザインや予算に合わせて選んでみましょう。

その他に選ぶ基準となるのは次のようなポイントです。

・サイズは?

使用人数+1〜2人くらいの余裕があると、狭く感じません。

4人なら270×270以上はあったほうがいいでしょう。

前室が広めだとさらにいいですね。

・価格は?

上はキリがありませんが、最低でも2万円以上のものを選びましょう。

安価なものはそれなりの作り。耐久性や快適性に欠けます。

・耐水圧は?

耐水圧とは、どのくらいの水圧に耐えられるかというもの。

一般的な傘の耐水圧は450mmくらい。

テントは耐水圧1500mm以上あれば大丈夫でしょう。

あまり数値が高すぎても、通気性が悪くなります。

・素材は?

化繊(ナイロン、ポリエステル)、コットン、ポリコットンなどがありますが、初心者はナイロン製がおすすめ。

軽くて手入れが簡単です。

 

人気を分ける2つの定番ドームテント

ファーストテントで最も選ばれているのがこの2つ。

・スノーピーク アメニティドーム

スノーピークが憧れブランドという方は多いのでは。
高価なイメージがあるスノーピークですが、こちらはエントリーモデルなので良心的なお値段で購入できます。

前室の形が特徴的ですね。
色分けされたフレームで、初心者でも簡単に設営できますよ。

他の同社製品と連結し拡張できるので、キャンプ道具はスノーピークで揃えたい♪という方はこちらに決まり!

・コールマン タフワイドドーム

キャンプ場で一番見かけるといっても過言ではない定番中の定番。

機能と価格のバランスが良いテントです。前室はあまり広くありませんが、大人が立っても余裕があるほどの高さがあります。

気流を利用した「サークルベンチレーション」搭載で、暑い夏でも熱気がこもりにくくなっています。

夏場メインなら、こちらがおすすめ!

 

 

 

まとめ

初めてのテント購入ならば、設営の手軽さを一番に考えましょう。今回紹介した2つのテントの他にも、ファミリーキャンプに向いているテントはいっぱいあります。ありすぎて延々と迷うくらいです…。迷ったときに大事なのは、アウトドアショップや直営店に足を運び実物を見て、実際にテント内に入ってみること。きっとピン!とくるものがあるはずです。

関連記事