女子キャンプに絶対オススメ!話題の『グランピング』の魅力

Greenfield

女子キャンプに絶対オススメ!話題の『グランピング』の魅力 出典 GRAX

最近よく耳にする『グランピング』という言葉。トレンドに敏感な方にはもう常識ともいえる新しいアウトドアスタイルですが、よく知らないという方も多いのでは?グランピングとは、「魅力的な」を意味するグラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語です。日本では2015年頃からブームになり、続々と新しいグランピング施設がオープンしています。今後も勢いを増すであろうグランピングについて、詳しくご紹介します!

グランピングってなに?

グランピングとは、豪華なテントやロッジ、料理や道具などが用意され、手厚いサービスを受けながらも、自然をしっかりと感じることができる宿泊スタイルのことです。

キャンプの醍醐味といえば、外で食べるごはんや焚火、テントでの宿泊ですよね。
しかし、自分でテントを張ったり、重い荷物を運んだり、火を起こしたりするのは結構骨が折れるもの。

うまくできるか心配で、キャンプデビューに踏み切れないという方もいるでしょう。

また、キャンプでは虫と戦わなくてはいけなかったり、シャワーやトイレなどの施設があまりキレイじゃなかったりと、女性や子どもには嫌厭されがちな問題もあります。

それらの問題点や煩わしさを解消し、もっといろいろな人に自然との一体感を楽しんでもらいたい!と生まれたのがグランピングなんです。

グランピングでは、自分でテントを張らなくてもよく、道具も一切持っていかなくてOK。

そればかりか、食事の準備までしてくれ、後片付けまでお願いできちゃうんです。

昼間は何も気にせず外で好きに遊んで、夜は清潔なお風呂に入り、焚火を囲んで美味しいお酒を飲み、フカフカの快適なベッドで眠ることができます。

そう、グランピングはまさにキャンプのいいとこ取り。

コアなキャンパーからは「不自由さを楽しむのがキャンプなのでは?」という声もあるでしょうが、ハードルを下げることで間口を広げ、より多くの人に自然の素晴らしさを知ってもらうきっかけになるのはいいことですよね。

グランピングは、次世代のアウトドア業界を引っ張っていく鍵といえるでしょう。

 

 

グランピングの魅力

手ぶらで気軽に行ける

かさばるテントやファニチャー、重たいクーラーボックスも持っていく必要はありません。
ホテルに宿泊するみたいに、なんでも揃っているので手ぶらで行けます。

車が無くても行ける

荷物が無いので車じゃなくてもOKなんです。
渋滞に巻き込まれることもなく、公共機関でスイスイ。

おいしい料理が食べられる

ダッチオーブンで作った手の込んだ料理やBBQの他にも、リッチな食材をふんだんに使った一流シェフが作るフレンチを食べられるところも。

デザートまでちゃんと用意され、カクテルも飲めちゃいます。

天候・季節に左右されない

雨が降ろうが風が吹こうが、グランピングなら平気です。
寒い季節は暖炉などで暖まり、夏は冷房の効いた室内でグッスリ眠れます。

オシャレができる

服が汚れる心配がないので、思いっきりオシャレを楽しめます。
リゾート感のあるオシャレなリラックスウェアがおすすめ!

施設オリジナルのアクティビティ

グランピング施設は山や海など、様々なシチュエーションに作られています。
高原の施設なら、森の散策、乗馬などができ、海の近くならカヤックやビーチヨガを体験できるところも。
また、何もせずにのんびり読書というのもアリです。

 

グランピングの施設はどれくらいあるの?値段は?

グランピング発祥の地イギリスでは、ロンドン郊外を中心に250ものグランピング施設があります。

かわいらしく装飾された小さな小屋や、ゲルと呼ばれるモンゴル風のテントが主流です。

その多くは週末に牧歌的な自然を楽しむために設置され、値段もそんなに高くありません。

グランピングのもうひとつのルーツといわれているのは、1960~1970年代頃にヨーロッパのセレブ達の宿泊のために作られたアフリカのサファリキャンプ。

富裕層向けの施設はラグジュアリーキャンプといわれ、リゾート感に溢れた豪華な内装です。

日本のグランピング施設は、後者のようなラグジュアリータイプが多い印象です。

2015年秋に、星野リゾートが展開する「星のや富士」が登場し、一気にグランピングブームが広がりました。

2017年現在、日本各地に30ヵ所以上のグランピング施設があります。

利用料金は様々で、リーズナブルなところなら1泊1棟9,000円くらいから。

ゴージャスなところだと、1泊30,000円以上はザラです。

しかし、金額が上がれば上がる程、今までにない素晴らしい自然体験が待っています。

たまのご褒美にはいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

知れば知る程行ってみたくなるグランピング。通常のキャンプに比べると出費は大きいですが、ちょっといい温泉旅館に泊まるのとそう変わらない金額なので、1度は体験してみたいものです。テント泊だけじゃなく、キャビンやロッジに泊まれる施設もあるので、アウトドア慣れしてない方や女性でも安心ですよ。今後もどんどん盛り上がっていきそうなグランピングから目が離せませんね!

関連記事