【時系列】子どもの川遊び当日までにやることリスト

Greenfield

【時系列】子どもの川遊び当日までにやることリスト

今年の夏は川遊びに行こう!そう決めたら、早速計画を練りましょう。川は気軽にアクセスできますが、危険も付きもの。事前準備は入念にしなければいけません。何から手を付けたらいいのかわからない…という人は、この記事を読めば大丈夫。川遊びへ行く10日前から、時系列でやることをお教えします。

《10日前》安全な川選び&下見

 

川遊びの予定が決まったら、まずはどの川に行くのかを決めなければいけませんね。

川遊びをする場所は、どこでもいいわけではありません。

家から近い、景観がいいなどの理由は二の次にして、一番は「安全」であることを重視して選んでください。

川遊びに向いているのはこんな場所です。

 

開けていて、見通しがいい

川が蛇行していたり、草木がうっそうとした川では、子どもが見えなくなってしまう可能性があります。

十分な広さがあり、100m先くらいまでは見通せる場所がいいでしょう。

 

車で近くまで行ける

行き帰りのアクセスが便利ということもありますが、万が一ケガや熱中症などで病院に搬送しなければいけなくなったとき、車が近い方が助かります。

 

子どもの膝下までの深さが続いている

初めて川遊びをする場合は、泳ぐにはちょっと浅すぎるかな?ぐらいでいいんです。

膝上を超えてくると、ちょっとした拍子に流されてしまうことがあります。

 

付近にに滝つぼや堰堤、テトラポットなどの人工物がない

基本的に、水が白く泡立っているような箇所は危険と覚えておいてください。

特に下流の方に堰堤があると、流されてしまったとき落ちてしまい、救助が難しくなります。

 

日陰が適度にあり休憩できるスペースがある

熱中症や低体温症を防ぐには、こまめな休憩が肝心です。

日陰が無い場合は、サンシェードを持っていきましょう。

 

できれば近くにトイレがあるといい

これはなかなか難しいんですが、あったら便利です。

無い場合は事前に済ませておき、いざというときは簡易トイレを使いましょう。

 

これらの条件を満たす場所に目ぼしをつけたら、一度大人だけで下見に行くといいですね。

ネットの写真や地図だけでは分からないことがあるかもしれません。

また、川遊びでは子どもから目を離せないので、大人は2人以上同行しましょう。

 

 

《1週間前》持ち物の準備

 

場所が決まったら、次は服装や持ち物の準備です。

大事なのは足もと。

川遊びでは、ビーチサンダルやクロックスなどはすぐ脱げてしまうのでNGです。

足にフィットして保護してくれる、川遊び用のウォーターシューズ、マリンシューズを用意しましょう。

 

 

服はポリエステルなどの速乾性のある素材で、日焼けと虫さされを防ぐために長袖をおすすめします。

熱中症にならないよう、帽子も忘れずに。

それから、どんな遊びをするにしろ、川に行くなら必ず用意してほしいのがライフジャケット。

 

 

子供用だけでなく、大人の分も用意してください。

飛び込みなどをする場合は、ヘルメットも必要です。

 

【川遊び】どんな服装がいい?安全に楽しむための3つのチェックポイント

 

体に身につけるものが準備できたら、遊ぶための道具も用意しましょう。

シュノーケルや水中メガネ、魚取りのタモ網とバケツ、水鉄砲やボディボードなどがおすすめです。

 

 

こちらもご覧ください。

子どもが喜ぶ♪川遊びを100倍楽しむための基本の道具5選

 

また、親として忘れてはいけないのが、子どもがケガをしたり具合が悪くなったときに応急処置ができる救急グッズです。

 

 

虫さされや日焼け対策も忘れてはいけません。

タオルや飲み物などは、多めに持っていっても損はありませんよ。

 

持っててよかった!いざという時に役立つ、川遊びの持ち物リスト

 

 

《数日前~前日》天気予報&川の様子をチェック

 

「あした晴れますように」とてるてる坊主を作るのもいいのですが、当日に雨が降らなくても、川は数日前の雨の影響が残っていることがあります。

土砂降りとまでいかなくても、ザーザーと1日中雨が降った場合、元の水量まで水が落ちるのに2日~6日程度かかります。

当日だけでなく、数日前から天気予報を気にしてください。

川の水位はネットでも確認できるので、遊ぶ場所に近い観測点を見ておくといいですよ。

 

 

国土交通省 川の防災情報 

 

増水している場合は絶対に川に入らないでください。

また、ダム下の場合は、ダムの放水情報なども集めておきましょう。

前日の夜は、ワクワクして寝付けないかもしれませんが、睡眠不足は翌日の体調に大きく影響します。

いつもより早めに寝て、明日に備えましょう。

 

 

《当日》安全確認

 

いよいよ川遊び当日。

準備もバッチリだし、後は楽しく遊ぶだけ!といきたいところですが、ちょっと待って。

最後にもう一仕事してください。

まず朝一番に川の水位をチェック。

問題なければ、子どもが入る前に大人だけで入水し、川底に危険物がないかどうか確認します。

危険物があれば取り除き、取れないものはわざと目立たせて注意喚起してください。

また、子どもの体調、同行の大人たちの体調は万全ですか?

少しでも調子が悪い子どもは、川に入るのはお休みしてください。

大人が体調不良の場合は、監視係をしてもらわなければいけないので、誰か代役を立てましょう。

 

 

まとめ

川遊びには様々な危険が潜んでいるため、入念な下調べと備品の準備がとても大事なんです。いざ!と思い立って行けるほど、川遊びは甘くないということですね。しかし、ちゃんと準備していけば、これほど楽しい夏の遊びはありません。期待に胸を膨らませながら、子どもと一緒に準備してみてくださいね。

関連記事