川遊び『本当に怖い体温症』原因と対処法について

Greenfield

川遊び『本当に怖い体温症』原因と対処法について

「低体温症」と聞くと、山での遭難や、冬の寒い時期に起こることというイメージがあるかもしれません。
しかし、低体温症は真夏でも起こる危険性が十分にあります。特に川遊びでは低体温症に陥りやすく、厳重な注意が必要です。
今回は川遊びで低体温症になりやすい理由と、低体温症の症状、対処法をお伝えします。

低体温症とは?真夏の川遊びでもなるの?

低体温症(ハイポサーミア)とは、体温が下がり続け、体の機能が正常に働かなくなり、昏睡、最悪の場合死亡する危険な症状のことを指します。

私たちは外気温に関係なく、体温を一定に保つことができる恒温動物です。

通常、人間の深部の体温(直腸温)は37℃前後に保たれています。寒さで体が震えたり、暑くて汗をかいたりするのは正常に体温調節機能が働いているからです。

しかし、体温調節の限界を超えるほど長時間寒冷環境に晒されたり、何らかの原因で体温が保てなくなったりして、深部の体温が35℃以下に低下すると、様々な身体機能に支障をきたします。

低体温症は必ずしも、山岳遭難や厳冬期などの寒冷下で起こるとは限りません。

濡れた衣服や蒸発熱など、体温が奪われる条件が揃えば、真夏でも室内でも起こります。

川遊びの場合はどうでしょうか。

毎年、多くの水難事故のニュースを耳にしますが、専門家によると、川での水死事故のほとんどは低体温症の影響があると見ているそうです。

川で泳いでいるうちに低体温症になり、体がうまく動かず「溺死」してしまう、または流されてしまったため長時間冷水に晒され、低体温症で「凍死」してしまうという2つのケースが考えられます。

実は水の中では、空気中よりも25倍の早さで体温が低下するといわれていて、水が冷たく流れのある川では、特に体温が下がりやすくなります。

川で海やプールと同じ感覚で長時間泳ぐことは、とても危険なことなんです。

 

低体温症の症状は?

低体温症は体温の低下の度合いによって、軽度、中度、重度に分けられます。

・軽度(35~32℃)

全身の震え

指先のしびれ

呼吸が速くなる

皮膚が青白くなる

無気力、フラフラする、動きが鈍くなる

口ごもる

・中度(32~28℃)

震えが止まり、筋肉の動作に異常が出る

歩行困難

錯乱し、意味不明の言葉をしゃべり始める

呼吸が遅い

呼びかけに反応しない

・重度(28℃以下)

自発的に呼吸ができなくなる

不整脈

意識不明

軽度の場合は自律神経の働きにより自力での回復が可能ですが、中度〜重度の場合は自律神経が正常に働かなくなるため、適切な処置をしないと命に関わってきます。

低体温症の初期症状は自分では気づきにくいため、周りの人が注意深く観察する必要があります。

川で子どもを遊ばせていて、唇や爪が紫になっていたり、震えが出てきたりしたら、それは初期の低体温症のサインです。

直ちに川から出るように声をかけ、それ以上悪化しないように処置をしてください。

 

低体温症の症状が現れたら

低体温症は症状の度合いによって処置方法が異なります。

軽度の場合は、

・乾いた暖かい衣服に着替えさせ、毛布やタオルなどで包む

・暖かい場所に移動させる

・温かい甘い飲み物を少しずつ飲ませる(コーヒーやお茶は利尿作用があり、体温を下げてしまうのでNG)

・カイロや湯たんぽなどを脇の下やそけい部にあて体の中心を温める

これらの対処法でだいたいは回復することが可能です。
しかし中度以上の場合、軽度の処置と同じように体を温めるとかえって危険な状態になることも。

例えば、手足を急激に温めると、心臓へ一気に血液が流れショック状態に陥る可能性があります。中度以上の場合は直ちに救急車を呼び、到着までの応急処置は必ず医師の指示を仰いでください。
場合によっては、人工呼吸や心臓マッサージが必要になるため、基本的なレスキューの知識は持っておきましょう。

 

まとめ

低体温症の落とし穴は、『本人が気づきにくい』というところにあります。「まさか自分が」という考えにより自覚しないことも原因ですが、低体温症の症状がでてくると、一気に頭が働かなくなることも原因の1つです。子どもを川で遊ばせる際には、様々な危険に目を見張る必要がありますが、低体温症になる可能性も忘れずに、よく観察してあげてください。
また、体温を下げないようにこまめに休憩をとるよう呼びかけ、低体温症を防ぎましょう。

関連記事